「第140回玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」を終えて

昨日は「第140回玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」を開催しました。
参加者の内訳は、石川県1名・京都府1名・兵庫県1名・沖縄県1名、新人さん1名・再受講者3名の合計4名でした。
写真はこちらから。

いつ開催しても思うのですが、むそう塾の原点である「玄米の炊き方秘伝講座」は、人生の色々なことが凝縮されて、味わい深いものがあります。
特に自己紹介のときには、涙を流す人も多く、こうして心のお掃除をしてから玄米を炊くと、炊きあがりがよくなるのを毎回感じています。

少人数ゆえに、色々なことを喋りながら炊飯する時間は、心地よい時間が流れます。
再受講してくださった塾生さんも、「また来たい!」とおっしゃってくれました。
どうぞどうぞ、炊飯を見学するだけでもいいですから、福ZENを召し上がりにいらしてください。
カフェ感覚でいらしてくださっても結構ですよ。

ところで、昨日の新人さんは、一切メモを取らずに受講されていたのですが、懇親会で工程の確認をしたところ、実に正しく覚えておられました。
話し方も陰陽的に理想的ですし、彼女はこの玄米炊飯をきっかけに食事を整えて行けば、大きく花開く人生になるような気がします。

食べ物が変われば精神が変わる。
そんなことをこれから実感していただけると思っています。

 
 


(福ZEN 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

上級幸せコースまで来られた塾生さんなら、このメニューのほとんどを作れるのですが、こうして久しぶりに福ZENメニューを味わうと、自分で作っている同メニューと微妙に違いを感じたというご意見もありました。
習ったお料理の確認。
そんな意味でもこの講座の楽しみがあるようです。

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, 料理人 中川善博の陰陽料理 パーマリンク

コメント

  1. あやか より:

    美風さん、お礼が遅くなり申し訳ありません。
    改めて、愛クラスではありがとうございました。
    教室に着くまでは、少なからず緊張する気持ちもありましたが、
    皆さんに笑顔で迎え入れていただき、ほっとしました。

    以前は、自分ができないことを認めたくなくて、意地を張っていました。
    できないことをできないと認められたおかげで、
    美風さんと中川さんの大きな愛を
    ようやく、素直に受け入れられるようになりました。
    玄米炊飯を通じて、一歩一歩、前へ進んでいきたいと思っています。

    今後ともご指導よろしくお願いいたします。

    • マクロ美風 より:

      あやかさん、こんにちは。

      先日はお疲れさまでした。
      遠いところをお越しくださって、とても嬉しかったです。

      人の気持ちって常に変化しているので、今がまさにあやかさんが求めているときだったのだと思います。
      沖縄の穏やかな環境で、あやかさん自身がほぐされて、脱力できつつあるのでしょうね。

      懇親会でお話ししていても、あやかさんに強い未来を感じましたよ。
      あなたは逞しい人生を送れる人だと思います。

      これからの玄米投稿が、あなたの人生を変えることになると思っています。
      期待していますよ♪

  2. あやか より:

    美風さま
    とても嬉しいお言葉をありがとうございます!!
    逞しい人生という言葉を、すんなり受け止めることができました。
    まずは美味しい玄米を炊けるように、頑張って参ります。

    • マクロ美風 より:

      あやかさん、こんばんは。

      あなたには逞しくなれる条件が揃っています。
      ですから、安心してご自分が楽しく思えることをして、その才能を開花させてください。
      応援していますよ!

あやか へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です