お料理以前(4)「むそう塾」の方向性

お料理以前(3)お料理は心で作るもの>のつづき
「マクロビ井戸端会議」 、「Lilas(リラ)・マクロビオティックスクール」 、「美風ゼミ」を通じて、「人とお料理の関係」をず?っと眺めて来た私としては、かねてから「お料理の技術以前」のことをフォローしたいと思っておりました。
それを形にしたのが「むそう塾」です。
「むそう塾」ではこんな方向性を考えています。
・お料理は最高の技術でお伝えしますよ。
・でも、もしあなたがお料理の仕上がりに限界を感じたら、
・違う角度からご一緒に考えてみましょう。
・そして、人間的にも素晴らしい人になってくださいね。

「むそう塾」と繋がって、あなたがもっと美味しいお料理を作れるようになってください。
そうすることによって、あなた自身が幸せになれるはずです。
そうなったら、パートナーやご家族や周りの人の笑顔も増えるはずです。
そのためには、まず、あなたからね。
*    *    *    *
「むそう塾」にあるのは、マクロビオティックだけではありません。
「氣」を大切にし、「人間性を高める場」としての「むそう塾」は「人間塾」でもあります。

中川善博さんと私が、残りの人生をかけて本気で取り組んでいます。
先の記事でご報告しましたように、中川さんは先週お母様を見送られました。
中川さんはお母様がご病気になられてから32年間の長きに亘って、お母様のことを最優先にされて、ご自分のなさりたいことを我慢されて来たそうです。
これから中川さんはどんなことを展開してくださるのでしょう?
私が想像もつかないアイディアを出してくださる中川さんですから、ワクワクする企画を練ってくださると思います。
どうぞ、これからの「むそう塾」と中川善博さんにご期待くださいね。
<終わり>


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. Fiona より:

    こんにちは(1)から(3)まではなんだか私には実践が難しいように感じていましたが、この(4)を見て安心しました。
    まずは自分から。そうですよね。マクロビオティックがすばらしいものだからだといって、マクロビオティックで人を変えようとするのは違うように思います。どんなに良くても変えようとするのは結局コントロールになるのだ、と思いました。

  2. Unknown より:

    この頃、因縁という言葉を、よく思い浮かべます。
    因果は、目に見えることも多く分かり易いのですけど縁というものは、当人の気付かないところで働いていることもあって…ある種の、運のようなものだという気もしてましたの。

    種を蒔き、丹精込めて育て、結果豊かな実りを得る。
    それが、因果ですわね。
    でも、現実は、そう単純にはいきませんわ。天地の恵み、天候、人の和、社会の動き…色々な要素が、縁となって、絡んできますもの。
    それでも、信じて前へ進む者だけが、いつかしら、実りを得るのでしょう。

    運も、縁も、自分が変わらなければ、変わりようがないのですもの。

    「百不当の一当」
    禅の言葉だったか、弓道の言葉だったかは忘れましたけど、道を求める方たちに、力強く的を指さす風さんと、中川さんのお姿が、見えた気が致しました。

  3. モスラです より:

    上のコメント、モスラです。

    はい、私は、おっちょこちょいです。
    「三国一のそこつ者」と、呼ばれております。

    失礼致しました。

モスラです へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です