上級幸せコース6月の復習   Taさん(104-3)

美味しそうに揚がりました。 もうすこし表面にビースト感が出てもよい気がしますが、充分美味しく揚がっているので 合格です。
キャベツはまだまだ要練習ですね。 どんどん刻んでどんどん揚げましょう。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018   Yuさん(94-4)



包丁の持ち方が間違っていますのでお手本のブログを良くみて正しく持って砥いでください。
包丁を砥石に押し付けてこすらないようにしましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

上級幸せコース6月の復習  Naさん(67-5)

美味しく炊けましたね。 盛り付けは中心縦軸が左にずれているので中心線に頂きを揃えましょう。
もう少し柔らかく炊けるはずなのでいろいろ試してください。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Haさん(107-5)

http://www.youtube.com/watch?v=G6KWyAHu_sE こんなアラートが出ます。
前にもいいましたが、桂剥きの画像も規定どおりに送りましょう。
動画が見られない、画像は添付されていないでは何も指導できないのです。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2018  Isさん(116-3)

動画が無いので詳しくは診られませんが、刃先の画像から判断しても極端な二枚刃や丸刃にはなっていないようです。 まな板チェックで切れ味を確認していますね?
残った芯が逆パイロンになるときは、まず主原因が力みです。 力んで右手で左になんとが剥き進もうとすると急に刃が飛んで左手を怪我しそうになります。 それが怖くて刃が飛んでも左親指まで行かないように右手右脇を硬く締めて怪我を防ごうとします。
そうすると刃先が開いてV字になり逆パイロンになるのです。
長年の指導で原因も結果も解かっています。 直し方も解かっているのですがあなたがそれを理解できるかどうかなのです。
右手は上下させるだけ。左手で刃にむけて大根を送り込む。  これですね。
後から動画が送られてきましたので特別に追記指導します。 次回からは添付忘れの無いように 確認してから送信ボタンを押しましょう。


赤ペン、包丁砥ぎは腰が曲がりすぎていないでしょうか? 長時間続けて腰が痛くなければ大丈夫です。
まだまだ包丁を砥石に押し付けています。 もっともっと浮かせてください。 あなたのもっとと私のもっとが違いすぎています。
親指と人差し指の股がゆるすぎます。だから面圧があてられていません。左に剥こうとするから大根の抵抗にあって力むのです。 包丁は上下させるだけ。大根を右に送るのです。
刻みは大根の置き方が裏表逆ですね。 そしてまな板の置き方を間違っています。
正方形のまな板を使うからこういう間違いをします。 木目を水平に置きましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント