桂剥き投稿2017   Niさん(98-1)



子供さんの声にも動じない強い精神力を感じます。
剥きのときの右手が「涼しく」なりました。 職人ですねぇ。
問題は全くありません。
砥ぎの泥も出てきました。 吸盤バットの実験を是非してみてください。
「あ、私って押さえつけてるやん」と自覚が生まれるでしょう。
それがわかると切れ味が増します。 増せば刻みも剥きもさらにスルスルヌメヌメ剥けるようになるでしょう。
大根は柔らかい野菜なのです。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

中川式玄米の炊き方指導2473  Saさん(96-1R)

なんと上手に炊けましたねぇ。 あなたの理解度に驚きます。
これでよいのです。 ちゃんとサードとセカンドの違いを理解されて具現されています。
53点
あとの2回はご自分で決めておられるならそれを、なければ小豆御飯を炊いてみましょう。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 | 1件のコメント

桂剥き投稿2017   Naさん(106-3)



刃を戻すときに宙に浮かすのは良いですが押す動作に入るときに「カチン」と砥石に当てるのは逆効果です 刃こぼれにつながるのでやめましょう。
砥石に触れるか触れないかの位置で前後させようとしているのですが、泥がでませんね。ということは正しくあてがわれていないということです。 吸盤バットの練習をすぐにしましょう。 理解できるとすぐに泥が出るでしょう。
しっかり左手で大根を押し込もうとしていますが、それにふさわしい長さの刃の上げができていません、。だから抵抗になるのです。 送り込む動作を「刃が切って行くのを待ちながらじっくり」できたら結果が変わります。 あなたには一番苦手なじっくりと待つという行動の練習をしましょう。
刻みは5打ちのリズムをつかめています。 打ち終わったときに刃を直角に折り曲げる動作の癖があります。 これは刃こぼれの原因になりますので止めましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

瑠璃茄子投稿2017  Taさん(37-5)

美味しそうに漬かっています。2日半でここまで漬かれば十分ですね、 やや塩が強いかもしれませんがボルドー層も豊かに出ているので美味しさのバランスは出せています。
お見事です。


カテゴリー: 瑠璃茄子への道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2017   Icさん(100-4)



尺取り虫が出てきていますね。 薄く均一に剥けない原因はこれでしょう。 合谷の筋肉を使って親指の指紋のセンサーを上下にゴシゴシできていません。 この拡大画像を見てもわかるようにセンサーは立派に大根から離れています。 これではシートの薄さもなにも感じ取れないのです。 刻みは、切れ味が落ちているのかな? 力で刻みにいっています。 まな板チェックに合格していますか?


まだまだ剥けますからここで止めないように。もっと芯が細くなるまで学びましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント