桂剥き投稿2017   Yaさん(105-2)



すばらしいですね 投稿回数は少なくとも、ちゃーんと前回の課題をクリアされています。
もうこれは立派な桂剥きです。 残った芯の形も良いですね。 芯はどう剥いたかの成績表になります。
右手で左に剥きすすもうとしてしまうとたちまち引っかかります。 それを力で押し通すと厚くなったり薄くなったりします。
あくまでも包丁は大根におしあてて上下するだけ。を守りましょう。
砥ぎは包丁を砥石に押し付けすぎです。 ゆっくり動かしているのに残酷な音がしています。
吸盤トレイを練習していますか? もしまだならすぐにやってみましょう。
「えええ?この力加減なの!?」と愕然とするでしょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2017   Naさん(106-3)



押さえつけていますねぇ。 まだまだ残酷な音がしています。
ひょっとして吸盤トレイをしていないとかじゃないですよね?
剥きはもうこの画像を見てくだされば私が何を言いたいのかは耳タコでしょう?
力を込めて尺取り虫で左に剥きすすめる。 これをなくしましょう。
あなたに「力を抜いて滑らかにしなやかに」というのはかなり難しい課題だと思います。
よく切れる包丁で、柔らかい柔らかい野菜の大根をすーっと剥く。 ここに力みは全く不要なのです。
刻みも武闘派の音がしていますね。 刃に仕事をさせる。という心理からはほど遠いです。
静かに速く。 目指してみましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

マクロビオティック京料理教室 むそう塾 満足コース 金曜クラス

これが面圧の正体だ!  こんばんは塾長のナカガワ  ヨシヒロです
満足コース金曜クラスです。
弱点克服を通過して得意技にまでもっていくのが目的です。
できたらいいねぇ。ではなく! できるまでやる! これが満足コースです。
今日から来月の授業までの皆さんの生き方が問われます。
すこし覗いてみましょう。

続きを読む


カテゴリー: 料理教室むそう塾 | 13件のコメント

桂剥き投稿2017   Kaさん(107-4)



いい感じに浮かせて前後させています。 もうすこしスピードアップするともっと安定します。 自転車はゆっくりゆっくり進むとフラフラしますがある程度速度が上がると安定しますね。 同じです。 引く方も上手です。 すくに泥だらけになるでしょう。
剥くのはだいぶ安定してきましたね。 力んでいるので親指のセンサーが効いていません。 だから薄く剥けないのです。 脇が閉まって大根が前に倒れると逆パイロンになるので注意です。
もっともっと薄く剥きましょう。
刻みはあなたはプラスティックのまな板をお使いですからその打撃音で刻むと毎回刃こぼれと切れやみがおきているはずです。 より一層包丁砥ぎに真剣に習得しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2017   Koさん(99-4)



泥が出てきませんね 押さえつけていると泥は出ません。 決して泥が出ないタイプの砥石では無いので先に言うておきます(笑)
刻むときにましたに刃を降ろさないで僅かに前に打ちながら降ろしましょう。
左肘がひゅ〜〜〜っと上がっていくのはなぜ?
力みが取れないのは包丁を深く強く握りしめてるのと親指が尺取り虫になっているからです。 まずはそれを直さないとたくさん大根を剥いてももったいないです。
これが証拠写真ですね。 目をそらさないでまずは直しましょう。
どんだけ肘上がってるのー!?w というほど上がっているでしょう?
そして目立たないようにこそーっと尺取り虫が・・・。



なんだかすごい曲線の傷がダイナミックについていますね どうすればこの傷がつくんだろう???


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント