幸せコース8月の復習   名無しのゴンベイさん

上手にできました。
器の正面がすこしずれているので修正しましょう。
夜に白色系の天井灯の真下で撮影しているのでやや夕焼で画像がぺったんこに写ってしまいました。
ネギの置き方、蛸の置き方、酢味噌のホイップ感もよく出せています。
撮影を練習しましょう。
投稿にはお名前と塾生番号を忘れずに。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

中川式玄米の炊き方指導2520  Muさん(86-3)

美味しそうに炊けました。 文句なしですね。
あなたの陰性さが良い方向に活かされました。 ふうわり優しい炊きあがりです。
生き方もこのように、ご飯に習ってご飯から学んで毎日を過ごしてください。
53点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 | 1件のコメント

幸せコース8月の復習   Fuさん(106-1)

美味しそうに盛れています。 てっぺんの鰻が胡瓜に隠れて、まるで「鰻を食べているところを誰かに知られたくないかのよう」です。
お高い上等の美味しい鰻をアピールしてください。
構図はテーブルのCMでは無いのでもっと寄って写しましょう。 料理の表情を見る人に伝えるのです。 だれも下の木目は見たくはないのですねw


カテゴリー: 今日の復習 | コメントする

幸せコース8月の復習   Icさん(100-4)

美味しそうに出来ています。
青線にならないように気をつけて盛ったのですが、青線がありますね。
そして蛸の重ねですが、奥の蛸より手前の蛸のほうが上にあるのは間違いです。
少しずつ下に無いと箸が入りにくく、モノで物を隠すことになるのです。
盛り付けの基本をしっかり復習しておきましょう。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

幸せコース8月の復習   Suさん(102-1)

上手に赤線に盛れましたね。 良くなりました。 透過性のあるガラス皿に盛るときは敷物の色やマテリアル感が透き通って見え、料理の邪魔をすることがあるということを覚えておきましょう。 見て気付ける人になりましょう。

同じ敷物でもこちらは透き通らないので邪魔をしていませんね。 敷物を魅せたいわけでは無いのでもっと寄って(近づいて)写しましょう。
こんな感じに。
てっぺんに載せた小松菜の軸が太すぎますね。 これで無くてももっと細い緑のきれいな軸があったはずです。

上手にできています。 盛り付けは3枚の蓮根が離れすぎているのと、右の茗荷を上に立てかけるとバランスが良くなります。

上手にできています。 胡瓜のラインも美しいですね。 合格です。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント