中川式玄米の炊き方指導1155 意識の微調節のしかた

Otさん(74-5)です。
DSC03887 前回のすこし焦げすぎだった作品から修正してこられましたね。
ご自分でも書かれていましたが、修正幅が大きすぎました。
修正方法には大きく2種類あります。
ある点からじわじわと微調節(びびり調節とも言う)しながら無断階に変化させていく方法。 これは僅かな違いを見極める眼と根気とたくさんの無駄な米が必要です。
もう一つは今、あなたがやったような有る点の対極に位置するほどの差異を出してしまい、それより手前に正解を見つける方法です。 これは突き当りが前もって認識できるのでおおまかな予測がつけやすいために無駄な時間や米が少なくて済みます。
お分かりのように、あなたが炊くべき大正解は前回の作品と今回の作品の間に必ずあります。 何回でそこにたどり着けるか、感性を高めて炊飯してください。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です