桂剥き投稿2013−329Yaさん

Yaさん(3-4)です。
写真 1 写真 2 写真 3 動画も拝見しました
YouTube Preview Image
刻みのまな板の高さは良くなりましたね。
刃のそこの部分で刻みたいのでしたら、もう少し1打1打の手首を柔らかく使う必要があります。 でないとのれんやサザエさんができやすいのです。
もっと手軽に直すには、もう1.5センチグリップよりで刻むのです。
10センチ以上前に滑りながら刻めば切れます。 力で切らずに「刃に仕事をさせる」練習をするのです。
できます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. さっちん のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    「刃に仕事をさせる」イメージはありますのでできるまで練習続けます。力はいらないことが日に日によくわかります。

    ありがとうございました。
    今日もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です