幸せコース3月の復習   Yuさん(94-4)

美味しそうに出来ています。
まだ魚の身の向きや置き方が理解できていないのでじっくり学んでいきましょう。
背が上 皮が上 腹が下 頭左 等々 いろんな決まり事があるので1つずつ確実理解しておくことが大事です。
今回の場合は右上がりに盛るということは右が上で左が下になります。
ということは腹腔(腹)が左に来なければ 腹上となり、魚を盛るときは忌み嫌われる置き方となります。 それは魚は死ぬと腹を上にして浮かぶことから言われています。
野菜は生えているように。、魚は泳いでいるように。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. まき のコメント:
    中川さま
    診ていただき、ありがとうございました。
    投稿した時は迷いがなかったのですが、そのあとで、あらためて中川さんのお手本やほかの方の投稿を見ていて、何かが違うのような気がしました。右上がりにしている、背を上にしているのに、何かが違う・・・。でもなぜかわからないと、もやもやしていました。
    お弁当投稿をしていても魚の盛り付けはどこか不安です。一つ一つちゃんと理解していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です