中川式玄米の炊き方指導2680 Maさん(123−4)

皮感なく炊けていますが、やや圧がかかりすぎて粘りのあるもっちり感が強く出てしまいましたね。  そこがお若いお嬢様には食べづらく感じられたのでしょう。
え?蒸らしの圧は時間足りなかったのに圧がかかり過ぎって???と思われるでしょうね。
そうなのです火加減強すぎて加圧しすぎると逆に負圧がかかって蒸らし時間が短くなる場合があるのです。
次回はピピカシャンを目指してもっと薄い焦げ色に仕上げてください。
50点

 


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です