鱧特訓の復習  Haさん(12-10)



まだまだ出刃が寝ていますね。 ですから取り除く中骨がリッチになってしまうのです。
面圧を当ててなるべくミニマムに骨をすき取りましょう。 そんなに鱧のしっぽを持ち上げなくても大丈夫です。テンションを掛けるだけで良いのです。
確実に少しずつ上手になってきています。 この調子で続けてください。 絶対の技術が身につきますのでがんばりましょう。
骨切り
まだ骨を押しています。SSが骨にかかる直前から一瞬で切らねばなりません。骨を押すと切れた骨の断面が円筒ではなく斜めに、門松の竹の先のようになるのです。その鋭角は口中でのチクチク感につながります。 一閃!の速さを求めます。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です