鱧特訓講座の復習  Haさん(12-10)



中骨をすき取るとき、出刃包丁の角度が「寝すぎ」ています。
下の図のようにもっと立てて一気にすきましょう。もっと細いタイトな中骨がすきとれます。
背びれが切れずに抜き取れましたね。 上手になりました。
骨切りは ちゃんと骨切りになっってきました。 SSが骨を斬る瞬間はもっと速度が出るように。一瞬腹筋に力を入れて一瞬で打ち抜きましょう。
まだまだ1ページの厚さを目で測って「こんな感じで」と決め手から切っています。 そうすると必ず目測より結果は厚くなるのです。 そういうものなのです。
私が思っていたのと違う、自分ではもっと薄く切っていたつもりなのに。という原因はここにあります。 見えないものを見る力が求められる世界なのです。



カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ぺろり のコメント:
    ご指導 ありがとうございます。

    やっているつもりでも出来ていない 原因を 教えていただき ありがとうございます。

    出刃包丁の角度をもっと意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です