桂剥き投稿2018  Kaさん(111-1)



包丁砥ぎは完全に砥石に包丁をベタ付けでこすっておられます。 そうではなくて峰側に10円玉1枚分の隙間が終始キープされて居なければ正しく砥げません。 正しく砥げると有次やむそう塾 のロゴの近くはもらった時のままピカピカなものなのです。 角度を修正しましょう。
桂剥きは右手の尺取り虫が直っていませんね。 ですから正しく面圧が当てられないのです。 そして右手で剥き進みますから厚みも一定しません。
しっかりAir桂剥きをして面圧と左手の送りを徹底的に理解して覚えましょう。
・・というアドバイスを先月の幸せコースの翌日くらいにしていなければならないレベルの指導です。
進化するにはあまりに投稿回数が少なく、練習不足をみとめざるをえないところでしょう。 練習はこれからもいつまでもできますのでできるまで続けましょう。
いつでもアドバイスします。
「船には乗ってみよ」この言葉を大切に。 これからも一緒に練習していきましょう。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. yumi のコメント:
    1カ月間桂剥きのご指導を頂き、ありがとうございました。

    確かに練習不足でした。日々の体調を良い状態にキープできず、桂剥きの練習も思うように出来ず悶々とした一カ月になってしまいました。

    練習してもなかなか上達しない時、癖が直せない時、辛くても地道に忍耐強く自分と向き合う姿勢もなければ前進できないんだなと実感しました。
    練習の仕方がなっていませんでした。桂剥き以前の問題ですね。

    この桂剥き投稿は色んなことを考えさせられました。良い経験となりました。
    まだまだ上手くなりたいです。これからもご指導よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です