桂剥き投稿2018   Isさん(116-3)  最終投稿ではないw



包丁砥ぎは静かになったと思っているとき、それは包丁は寝ていて刃先がドロ(水)に触れていないときなのです。 前後するときに明らかに刃先が離れて要るのが目視できますね? それでは傷の範囲が増えるばかりで切れ味は良くなりません。 峰側に10円玉一枚が挟まる角度を手で覚えましょう。
包丁の半分(理想は1/3)しか傷はつかないものなのです。
桂剥きのときの右親指が左に出て行き過ぎですね。その方向に刃を推し進めてしまうので右手で剥いていくことになります。 刃はその場で面圧をあてたまま上下させましょう。
そこへ左手の指と手首を柔らかく使って大根を送り込むのです。 桂剥きは左手で剥くと言われる所以です。
この指導で最後になりますが、やらなければならないことはまだ山積みですね。自分のペースで期限なしでじっくり練習を続けてください。かならず上手になります。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ナッパ のコメント:
    ありがとうございます。
    何度も教えて頂いてること、なおせるようもう一度やってみます。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です