桂剥き投稿2018  Yuさん(94-4) 最終投稿



包丁砥ぎは最後まで砥石に押し付け過ぎていましたね。 もっともっと自分の想像を大きく離れたところに正解があるのだと見極めて練習を改善しましょう。
包丁を削るだけの動作にならないように大事に砥ぎましょう。
剥きはかなり良くなりました このままもっともっと練習をしてほしいです。
刻みは大根の細胞を潰しています。ギロチンのように刃を真下に押し下げてはいけません。 刃は前後に動かして初めて「切れ」を生むのです。
何しろ投稿回数が少なすぎましたね。毎日投稿すれば30回は私と技術のキャッチボールができたのです。 8回ではこれから!というところで終わりが来てしまいましたね。
これからも1さくずつ練習を続けていってほしいです。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. まき のコメント:
    中川さま
    このたびは、桂剥きのご指導をいただき、ありがとうございました。
    投稿回数の少なさは、気後れみたいなものを自分自身に感じさせたりもして、
    「百害あって一利なし」を投稿中から実感しておりました。
    そのような私にも丁寧にご指導いただき、時には励ましてもいただき、
    桂剥きの楽しさを感じることができました。
    砥ぎと刻みはスタートラインにも立てず、その悔しさと一瞬でもわかりけた楽しさを忘れずに、必ず「合格」をいただけるよう、練習は続けたいと思います。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です