桂剥き投稿2018  Kaさん(110-2)



包丁砥ぎは思い切り砥石に包丁を押し付けています。残酷な音がしています。
砥石に包丁が触れてはいけません。 包丁が傷だらけになって刃こぼれしますのでやめましょう。 砥石に触れずに表面の水にだけ触れるのです。
よこに乳児が寝ていても起こさないような音しかさせてはいけません。
剥きは上手になってきました。 まだ右手で左に剥き進もうとしていますのでここからもっと薄く剥いていくときにかならず壁に突き当たります。 いまのうちに正しく面圧の当て方を理解して左手で剥く感覚を掴みましょう。
次は「マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む」が課題です。 揃えるということを優先させてください。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です