桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



両手が力んでいることも原因ですが、刃先が大根の中心に中心に入っていこうとしています。だからどんどん分厚くなっていき、抵抗が増していきさらに力むというスパイラルができています。
ステンレスとはがねの境目を大根にかるく押し当てながら上下させます。(けっして左には剥きすすまない) これが面圧です。Air桂剥きでしっかり練習して大根に挑みましょう。
刻みは上手です。 もっと薄く剥けるようになったらさらに細かい指導をします。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Ryoko のコメント:
    中川さん、見ていただきありがとうございます。
    この図の意味を理解できていませんでした。
    「ハッ!!」と思う事がありましたので、まずはAir桂剥きで練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です