桂剥き投稿2018  Itさん(113-1)



Air桂剥きは送ると上げるをもっとはっきりと区別してください。
たがいに動きがつられてしまっているのでこのまま大根に行っても剥けません。
引き切りはもっと包丁を立てて引きましょう。 もっと薄く一定の幅に。
刻みはできていますね。
まずは「マッチ棒の厚さ長さに切ってマッチ棒の幅に刻む」を目標にしてください。
まな板の下に濡れ布巾やゴムの滑り止めを置いていないのではないですか?
確認してください。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    私にとってはairも難しいです。
    今はひたすらairを頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です