桂剥き投稿2018  Urさん(110-1)



すこし調理台が高すぎるようです。厚い底の部屋履きを履きましょう。
赤ペンが前後に倒れているので垂直を保てるように。
砥石に刃を押し付けて前後にこすりつけているので残酷な音がしています。
砥石に刃が触れないように砥ぐのです。 触れてはいけません。
大根が食い込んで刃が止まってしまうのは右手で左に剥きすすもうとするからです。
刃はその場で上下させるだけ。左手でその刃に向けて大根を送り込むのです。
刻みもまな板が高すぎますので自分を上げるかまな板を下げるのです。
厚い底のスリッパにしましょう。
もっと上手になれます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. うらら のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございました。
    スリッパで高さをあげてやってみます。
    ご指導頂いた動きを一つ一つなおしていける様に気をつけてやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です