桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



Air桂剥きの動きは正しいです。 間違っていないので安心してください。 ただ、摩擦の音から判断すると押さえすぎ握りすぎが見られます。 その力みのまま大根に移るとさらに刃物を持つという緊張感で力みがブーストされて力みが増し、逆パイロンになるのです。
剥けていく大根の厚みを右手親指の指紋の中心センサーで感じるようにしましょう。
刻みはゆだんすると有次が見られなくなっています。自分の左手を怪我する原因になるので注意しましょう。
赤ペンはかなり良いですが赤ペンも力んでいます。 最初だから仕方が無いですが、慣れればどんどんリラックスしていきましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Ryoko のコメント:
    中川さん、見ていただきありがとうございます。
    Air桂剥きは、間違っていなくて安心しました。
    「力まない!」のは難しいですが、そこを一番に意識して次の練習につなげます。
    右手親指のセンサーは、まったく機能していませんでした。こちらも意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です