桂剥き投稿2018  Saさん(塾生番号忘れ)



吸盤トレイ練習は速すぎますね。もっとなぜ吸盤が持ち上がるのかを体感しながら前後させてください。 実際の砥ぎもあなたは速すぎる傾向があるので注意しましょう。泥で砥ぐ。を忘れずに。
剥きはAir桂剥きと同じ指の股の開き具合にできれば改善できます。指の股が開き、右脇が締まることで大根の下部が厚く剥けて逆パイロンになります。
刻みは腕がZ型に屈折するので正確に刻めません。(青のライン)
肘から刃先までをなるべく一直線に(赤いライン)して刻みましょう。 そうするとお腹と包丁の間に「懐」ができて格好良くなります。
有次は正しく見られています。 どんどん進化していますよ。 すばらしい。
この断面が、同じ大きさの断面正方形に揃うのが目標で目的です。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. きよ のコメント:
    中川さん

    おはようございます。
    ご指導ありがとうございます。

    研ぎも剥きも、ゆっくり感覚をつかみながらを心がけます。
    姿勢や格好は長年のくせがそのままなおせずに出ています。
    頭では知っていて、なおそうと思ってもなかなか体に反映できません。
    もっと変えることを意識してやります。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です