桂剥き投稿2018  Kaさん(塾生番号忘れ)



刻み方が正しいですが、力で刃をおろしていますので刃を「落とす」イメージで切れ味で切ると理解してください。強く包丁を握らないように。
剥きは右手で左に剥き進めています。 右手は刃を大根に押し当てたまま上下するだけ。
そこに左手が大根を送り続けるのです。
決して右手が左に進んではいけません。 怪我をします。
断面に三角形、ひし形、平行四辺形、長方形、テープといろいろ混ざっていますね。
桂剥きの第一目標は「揃える」ということです。 太くても良いので断面正方形に同じ太さのものがたくさんできるようになってください。 それからじっくり細くしていくのです。
まずは右手が左に行かないように練習しましょう。 怪我をする前に直しましょうね。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です