幸せコース12月の復習  Yaさん(102-3)



ねーー、やっぱりお玉がちがったでしょう? どうしてお渡ししたものを使わないのか?
信じられません(笑)   わりと違う方に思い込んでそのまま突き進む癖がありますよね? そこが可愛いところですが。
一杯の液量が減るといいことはどういうことか? を考察しましょう。
ん?すこし減っただけじゃん。 で終わってはいけません。
減るということは鍋に入れた時に奪う鍋の温度が前のおたまで入れていた時ほど下がらないということなのです。
あっというまに火が通って、あっという間に焦げます。 これがBoのだし巻きなのです。
解決策はただ一つ。 「焦げるまでに巻く」 これしかありません。
まずは芯つくりを手速くして2杯めを注いだ時に小さな音しかしないようになりましょう。
大衆中華料理店みたいな音がすると、以降ずっと火に追われます。


カテゴリー: 出し巻き投稿 パーマリンク

コメント

  1. ともちん のコメント:
    中川さん

    はいー(≧∀≦)思い込んで突っ走る所がちょいちょい顔を出します。

    お玉、同じ物だと信じ切っておりました。
    芯作り上手になります。

    ご指導ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です