秘伝コース7月の復習    Naさん(69-4)



良いリズムで切れています。 必死で刃先を目で追うことも少なくなって来ましたね。
刃先を感じて前にシュッと切れているので身も飛びにくくなりました。
手前側が皮の中間までよく切れているのに奥側の刃の降りが弱いのには原因があります。
下に図示しておきました。 あなたの切る直前の包丁の角度の問題です。
下になるように身にあてがいます。 そこから大きな円弧を描くように一瞬で切るので全幅同じように皮の中間まで刃が降りるのです。
上のポジションから切ると刃先が前−上へと動くので奥側が弱くなります。
理解できなければiMessageで質問してください。



もう少しシャリが少ないほうが側面まで鱧がカバーしてリッチに美味しそうになります


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 69-4 のコメント:
    中川さん

    おはようございます。
    ご指導ありがとうございます。
    改善できている所もありよかったです。さらに本日頂いたご指導に沿って練習いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です