秘伝コース7月の復習  Shさん(73-6)



あれれ?ヘタになっていますねぇ。 中骨をすーーっとすき取る場面は前半の見せ場ですからカッコよく鮮やかにこなしましょう。 刃の角度が間違っていますね。 その前の尾っぽをドカン!と出刃で叩き切るときの角度から間違っているのでそのあとがどんどん間違いが広がっていくのでしょう、 手本動画を良く見て練習するようにしましょう。
見ているのと再生しているのは違うので先に言うておきますね。
この1本を見ている限り、包丁がいつもに増して荒れていますね。 これは気持ち(心)が荒れている状態です。 こういうときは本当は練習しないほうが良いのです。
でもお魚やさんに予約しちゃったし、明日まで置いたらシマって骨切りしにくいし、という都合を優先して練習に突入してないでしょうか?
上半身に力みがあるので刃先に神経が通わないので同じ場所まで刃を連続で下ろせないのです。突然皮の下のまな板まで食い込むかと思えば次は刃の角度が狂って身がそげたりします。 上半身の力みを取りましょう。
薄く薄く面圧をしっかり意識して骨切りしましょう。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. あさちゃん のコメント:
    ご指導いただきありがとうございました。

    中川さんに心が見透かされてドキッとしました。おっしゃる通り、焦る気持ちが先行して集中できていなかったと思います。
    なかなか練習する時間を捻出できず、でも練習しないと下手くそになるし…と無理矢理練習しても結局身になりませんでした。
    動画も何度も見返していたのですが、肝腎なところを見落としていましたし。
    次に練習する時には、落ち着いた気持ちで取り組めるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です