幸せコース7月の復習   Hoさん(100-1)

美味しそうに出来ています。  麺の束ねも上手ですねぇ。
氷も白いし涼しげです。  合格です。

器のチョイスも素晴らしいです。
茶色なんて暖色で涼しくないじゃない!?なんて思う方が居られたらそれは間違いです。
焼物にはコンプレッションによる寒暖の感じ方があるのです。
この焼物は焼成温度の高い炻器(せっき)と呼ばれる陶器で、備前・伊賀・信楽・常滑などが有名な硬い焼物なのです。
逆の柔らかものの陶器は楽焼など温かみを感じさせる性質があります。
高温で焼締た炻器には氷の白さが良く似合います。陰陽ですねぇ。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. じゅんじゅん のコメント:
    中川さん

    合格、嬉しいです!
    器も、少しずつ学びが増えていくことにわくわくします。
    砥部焼と十草のどんぶり届くのが、待ち遠しいです。

    ご指導ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です