桂剥き投稿2017   Kaさん(93-4)



上手になりました。 逆パイロンが消えてパイロンに。 視線が大事なのがよくわかったと思います。 次はマッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻むを徹底しましょう。
赤ペンと包丁砥ぎは同じ速度で同じテンポで行わなければ練習になりません。
赤ペンは持ち上げているのに包丁砥ぎは押し付ける。 これではいかんのです。
包丁も赤ペンのように持ち上げてテンポよく前後させましょう。

ギャ~ という景色ですが。 泥で砥げるようになってきたらこの残酷な傷も少なくなっていきます。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 京子 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    視線を意識すると大根の傾きが修正されるので、以前よりも剥きやすくなりました。
    本日は均一な厚み、幅になるように練習します。

    包丁の傷は見ていると心にずっしりときます。
    大切に扱おうとしてもそれができない自分の癖を表しているように感じます。

    泥で研いで傷を少なくすることを目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です