桂剥き投稿2017   Icさん(100-4)



大根が太いうちはまだ良いのですが、すこし細くなってくると右手のわがままさんが顔を出してきます。どんどん右手で剥いておくので薄さが一定でなくなるのです。 なんとかしようとまたさらに右手で微調整をするので均一な面圧からは程遠くなって凸凹が続くのです。
刻みは上手にできています。
砥ぎは包丁を砥石に押さえつけています。 そして出かけた泥を押さえつけた包丁で砥石の外に掃き出してしまう瞬間が動画に写っていましたね。 動画はやはり能弁です。


平行四辺形・ひし形・テープ・板・三角と 断面正方形からは程遠いですね。
ここはしっかり直していきましょう  これができないとヨコケンに進めないのです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. メロン のコメント:
    ご指導ありがとうございます。

    はい、まだまだ程遠いです。
    諦めずに練習します。

    動画を見直して、包丁研ぎの押さえつけもチェックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です