桂剥き投稿2017   Kaさん(107-4)



赤ペンと砥ぎの姿勢が良くなりましたね。肩も降りているのでOKです。
まだまだ刃を押し付けているので包丁を持ち上げましょう。 赤ペンは持ち上げられているのに包丁は押し付ける。 おかしいですよね〜。
剥きのときの左手の親指はもう少しだけ上で回しましょう。
刻みは力で刃を降ろさないように。刃に仕事をさせる感覚。切れるのを待ちながらまな板の表面まで刃を静かに下ろすことを学びましょう。
大根をすこし奥に倒すように剥いてみてください。 簡単にパイロンが治るかもしれません。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. みそっ娘 のコメント:
    ありがとうございます。
    研ぎの姿勢をキープしつつ、ギリギリのところで浮かせられるよう練習します。
    刻みはリズムばかりに気がいっていたように思います。刃に任せて刻んでみます。
    大根の角度のアドバイスありがとうございます。試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です