ぼたもちの復習  Kaさん(36-6)

image1上手に出来ています。
ご自分ではつぶあんが柔らかすぎたと書いておられましたが大丈夫です。
ちょうど良い硬さ(柔らかさ)に練れています。 大正解でしたね。
餅に鋳込んだり、餅を包んだりしやすい硬さが正解のように思うのは間違いです。
しんじょうと同じですね。美味しい=触りやすい では無いのです。
食べる人の「美味しい」を追求すると、作りにくさを訓練で克服しなければならない場面が出てきます。それを日々こなしている人を「職人」と呼びます。 おわかりかな。
いつも食べる人の「おいしい」を再優先できる人になりましょう。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。また、大切な心得もありがとうございました。沁み入りました。

    ぼたもちもしんじょうも、成形時に教室と違うように感じたのは、
    硬さの問題ではなく、それ以前に原因があってとても勉強になりした。
    大切な部分を外さないように、原因を究明していくものの考え方をしてゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です