煮魚の生姜も料理です 中川善博の盛付指南 

数名の復習を受け取って、薬味であり毒消しであり立派な添え物料理である生姜の置き場所に困っている者。気にもしていない者が居るので今一度説明します。
OBENTERS™なのに間違っている者も居てすこし悲しい私です。

塾長手本 1日目
027A1952
塾長手本 2日目
027A2056
判るでしょうか? 解るでしょうか?
わからないでしょうからいつもの図解で説明します。
盛り付けによく出てくる赤青理論を理解していれば自然に正解は導かれるはずなのです。
MySketchこの図をよく見てから、塾生投稿作品をもう一度見なおしてください。
これでわからなければ鴨川行きです。


カテゴリー: 技術 technique パーマリンク

コメント

  1. こつぶ のコメント:
    見ているところが全く違いました・・・ハッとしましたが鴨川に行きます。
    ひとつ気づけばひとつ勘違いして ハッとすれば別のことを忘れ、申し訳ありません。
    ありがとうございます。
  2. nakagawa のコメント:
    こつぶさん コメントありがとうございます。
    Σ((゚Д゚)))ハッとしたでしょう?
    でもこれらはすべて幸せコースや毎朝のOBENTERS™で何度もお教えしていることなのです。
    もう、塾生の積み残しでフレスコの前は歩道が無くなりそうです(笑)
    早く積み込みに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です