投稿者「nakagawa」のアーカイブ

無双原理&盛付コース6月の復習   Hoさん(3-3)

美味しくできましたね。 油と茄子の相性をよく感じ取れています。
あわあわせずに落ち着いて手速く料理をすると仕上がりはこんなにしっとりキレよくできるのです。 無双原理&盛付コースに来てよかったね。  合格です
茄子の置き角度にあなたの成長を見ます。 私は嬉しい。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Kaさん(111-1)



左手親指はもう少し下に添えたほうが良いですね。上から1/3あたりです。そのほうが手首も使って送れるようになります。 力んでいるのでもっともっと力を抜いて剥きましょう。
刻みは有次が見られていません。遅かれ早かれ左の猫手を怪我しますのですぐに直しましょう。 怪我をしたら練習が遅れます。

剥く抵抗や、刻みの音が気になります。包丁砥ぎは正しくできていますか?まな板チェックが合格できていますか?

断面の細胞が潰れています なのでマット感が出るのです。 よく切れる包丁で正しく刻むと表面に光沢が出ます。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



包丁の持ち方、定規の持ち方は良くなりました。 それであっています。
問題は面圧の向き(ベクトル)ですね。
正しく持って、間違った方向に包丁を動かしています。 ですから皮を剥いている途中にブツッ! (゚д゚)ハッ!!とするのです。 包丁を上下させていれば (゚д゚)ハッ!!とする瞬間は来ないのです。物理的にね。
砥ぎは包丁を寝かせて押し付けています。ですから包丁のピカピカの面積がどんどん減ってすっかり全体がすりガラスのように傷だらけです。  背側に10円1枚挟める隙間をキープしていればここに傷はつかないのです。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Fuさん(37-7)



包丁砥ぎはやっと押し付けが減ってきましたね。 この浮かせ加減でテンポよくリズミカルに砥げたら良いシルキィな泥がすぐに出てきます。
Air桂剥きはまだすこし陰性に右手が開いています。親指側にねじって正しい位置に戻しましょう。そうすると自然と右脇がフリーになります。 変にものを挟むとそのものを落とさないように挟むことに意識が行くので間違いやすいです。 自然に脇がフリーになって通気するくらいが良いのです。 神社で柏手を打つときの脇。
大根になると右手でガシッと包丁を握って小鳥を即死(笑)させています。
小鳥何羽目で気がつけるでしょう?

包丁砥ぎをしたら結果を接写して投稿すると細かく診てもらえます。 1つ前のSaさんが上手に診てもらってますね。 参考にしてください。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

上級幸せコース6月の復習  Kaさん(93-4)

すこーしだけ 鶏肉投入時の油温が低かったですが、その後の度胸ある加熱でなんとかリカバリできました。 美味しく揚がってご主人様にも喜んでもらえてよかったですね。
合格です。
キャベツ糸刻みは破壊音にならない程度ならまな板に刃が触れる音がしても構いません。最初はトントンと音がしても良いので確実に長く細く刻みましょう。 だんだんその音を小さくしていくのです。
美味しくできました。 盛付けも良いですね。さすがはOBENTERS™です。合格です

こちらも合格です  ふっくらやわらかく優しく炊けています。 きりぼしの概念が変わったでしょう?  ご主人様の反応が嬉しかったですね。 私も嬉しいです。


※ 家ですぐに復習する。けっしてドロナワにはならない。 正確に理解をしているかどうかを診てもらいたいと動画を撮って全種を1本に短く編集して添付されています。
すばらしい復習姿勢だと思います。 あなたは絶対に料理名人になります。
もっともっと学びましょう。 あなたの脳と心は美味しい陰陽料理を学べることにウキウキしています。私には手に取るように波動で判るのです。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント