投稿者「nakagawa」のアーカイブ

桂剥き投稿2018  Fuさん(37-7)



「送る!」のときに指では送れていますが手首がロックされています、指で送る&手首で送るのハイブリッドでなければスムーズにたっぷり送れないので手首の力みを取りましょう。
大根は送る上げるが速いです。 ズッズッと上げずにじわーーーーーーーと上げてじわーーーーーと送りましょう。
刻みは美しく刻めています。
砥ぎはもっともっと静音に。 iPhoneのマイクは集音性能が良いので大きく音を拾いますがこれは大きすぎます。 なめらかな泥の上を行き来する音が出るように。
擦過音がなくなるようになりましょう。
どんどん練習してください。

ついに逆パイロンを克服しましたね 美しい見本のような芯が残りました。
すばらしい。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Saさん(115-2)



包丁のゴシゴシはこする位置が違います。 ステンレスとはがねの境目をこするのです。
右手の持ち方が良くなりました。 このままどんどん進化していきます。予言しておきましょう。
刻みは昨日言った修正箇所をちゃんと直しておられます 素晴らしいですね。 見ていて気持ちが良いです。
今日の修正箇所です。したの画像を見てください。 ゴシゴシの位置間違いがそのままリアル大根のときにもでていますので直しましょう。
刻みの姿勢が良くなったとたんに揃い始めましたね。 断面正方形が増えてきました。
素晴らしい!

 


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018 Waさん(111-3)



赤ペンは良いですが砥石になると刃を押し付けすぎです。 もっともっと包丁を浮かせるのです。 砥石に刃が触れてはいけません。
Air桂剥きのときから力んでいます。 そのまま大根も力んでいます。 あなたの良いところは右手で包丁を左に剥き進めていないところです。だから怪我をしません。
わたしの言うことを聞かずに右手で左に進めると左手親指を切るのです。
刻みははやくも腕を上げてきましたね。 しっかり手本を見て盗み取る能力が高いです。
素晴らしい。
力みを抜いて、「大根ってこんなに柔らかいんだ!」と再発見できたらブレイクスルーします。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



Air桂剥きの動きは正しいです。 間違っていないので安心してください。 ただ、摩擦の音から判断すると押さえすぎ握りすぎが見られます。 その力みのまま大根に移るとさらに刃物を持つという緊張感で力みがブーストされて力みが増し、逆パイロンになるのです。
剥けていく大根の厚みを右手親指の指紋の中心センサーで感じるようにしましょう。
刻みはゆだんすると有次が見られなくなっています。自分の左手を怪我する原因になるので注意しましょう。
赤ペンはかなり良いですが赤ペンも力んでいます。 最初だから仕方が無いですが、慣れればどんどんリラックスしていきましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018   Isさん(116-3)



Air桂剥きは、まず定規を上げ下げできるようになってから紙を送りましょう。
両方一気にできないのなら1つずつやっていくのです。 まずは垂直に定規をあげましょう。 親指ゴシゴシができていますか?
大根は緊張して力んで右脇がガチっと締まっています。 だから大根の下が分厚く剥けてしまうのです。大根のてっぺんを見ながら右脇を楽に開けて剥きましょう。
刻みは真下に刃を下ろすギロチン切りになっています。 刃(切れ味)に仕事をさせましょう。 少しだけ斜め前に下ろすのです。 そうすると抵抗なくストストストと刃が降ります。
YouTube Preview Image
参考にしてください。



カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント