甘いものをやめるまでの1か月の変化 マクロビオティックの指導現場から

昨日「1か月間の甘いもの断ちをしてゲットした桂剥き美人のまな板 マクロビオティックの指導現場から」という記事を書きましたが、ご本人からコメントの他にメールもいただきました。
そのメールがまた素晴らしいので、こちらで記事にさせていただきます。

<Ryokoさんからのメール>

美風さん、こんにちは。
Taです。

ブログ記事、読ませていただきました。
ほんの一ヶ月の事ですが、甘いものへの意識が変わったかな〜と感じました。

一ヶ月前は、甘いのも・お菓子は、毎日とって当たり前。
一切食べないなんて想像できないので、減らす感じでやっていこうと思っていました。

美風さんから、
「減らすのではなく、一切食べない!
我慢ではなく、体調の変化を感じて、自分で、食べる・食べないの選択ができるようになるといいよね。」
と、アドバイスをいただきましたが、正直、その時は、意味がよく理解できなかったし、
それはキレイごとで、現実は、我慢でしかないと思っていました。

でも、甘いものをやめることができたらいいな〜との思いはありましたので、とりあえずやってみようと思いました。
アドバイス通り、玄米ご飯、お味噌汁、糠漬けを、しっかりとるようにしました。
最初の数日は、甘いもの食べたいな〜と思う事もありましたが、我慢といった程のものではなく、食べずに過ごすことができ、
その後は、自然と、甘いものを食べずに過ごせるようになりました。

大好きな甘いものを、全く食べずにいれるなんて自分でも驚いています。
玄米・お味噌汁・糠漬けのパワーなのか、
美風さんの言葉のパワーなのか、
むそう塾マジックなのか、、、、、よくわかりませんが。。。
むそう塾生ならば、普通の事なのかもしれませんが、私にとってはものすごい変化です。
大好きな甘いものが食べれないのに、なんだかとても嬉しい気持ちでもあります!

それと時期を同じくして、桂剥き投稿がありました。
桂剥きの授業では、誰よりもできていない自分にものすごい劣等感がありましたし、とても不安でした。
とにかく、中川さんと美風さんの教えの通りにやってみようと思いました。
中川さんのご指導と、みんなの頑張りにプッシュされ、必死になった一ヶ月間でした。
思うような桂剥きにはたどり着けませんでしたが、劣等感からは少し開放され、達成感がありました。

もともと、何かに取り組むとき、後でやろう。明日から頑張ろう。と、後回しにしてしまうところがありましたが、
今回は、時間があれば、桂剥きしたり、包丁砥ぎをしたり、動画見たり、と、動ける自分がいました。
そして、結局は、睡眠時間をだいぶ減らしてしまったのですが、体調を崩すことなく桂剥き投稿を終える事ができました。

こじつけのような感じもありますが、
桂剥き投稿に集中できたのは、精神的にも肉体的にも、甘いものを断った影響が大きかったと感じています。

まさか自分が、甘いものをやめれると思っていませんでしたし、
桂剥き美人に選ばれるとも思っていませんでした。

むそう塾で習う事は、今の段階では、分からない事の方が多いですが、
とりあえず信じてやってみようというスタンスで進んでいこうと思いました。

またいつ甘い物への欲求が復活するか分からないので、放課後にこっそり美風さんに報告しました。
でも、ブログの記事になってしまったので、継続して続けていかなくちゃ! 頑張ります。^^

これからも、ご指導よろしくお願いします。

*   *   *

<マクロ美風より>

なんともチャーミングで、清々しい文章ではありませんか!
素直な心がそのまま文字に表れていて、素晴らしい文章だと思いました。

この中で彼女は、「とりあえず信じてやってみようというスタンスで進んでいこうと思いました。」と書かれています。
これですね。まずは信じてみる、そしてやってみる。
そうしたら結果が出せたのです。
これが陽性な人の判断と行動です。
陰性な人はこの真逆になりますから、いつまでも達成感を味わうことができず、不満だけが増えて行きます。

大好きな甘いものが食べれないのに、なんだかとても嬉しい気持ちでもあります!」というのがいいですねぇ。
彼女は甘いものが癖になっていただけなのだと思います。

桂剥き投稿に集中できたのは、精神的にも肉体的にも、甘いものを断った影響が大きかったと感じています。

甘いもの(陰性)を断った結果、全体的に陽性さが増して、陽性の代表である集中力が活躍してくれたおかげですね。
ですから、ここ一番というときには、これからも甘いものを控えると良い結果につながりますよ。

最後に、Ryokoさんが甘いもの断ちに苦労することなく成功したのは、玄米とお味噌汁と糠漬けをしっかり摂ってくださったからです。
特に玄米を充分に摂ってくれたことで、糖質の補給が出来ました。
そして、お味噌汁と糠漬けで、甘いもの時代に沢山失われていたミネラルの補給が出来ました。

これからは3か月を目標に甘いもの断ちをしてみて、体や思考がどんなふうに変化するかを楽しんでみてください。
そして、それを体や精神面で確認出来たら、その逆も実験してみるのです。
つまり、甘いものを摂ったらどんなふうに変化するのかを確認するのです。
甘いものの種類、量、質などを、一つひとつ観察していくのです。
そうしたらあなたは、立派に陰陽を理解したことになるでしょう。

そして、たまにはおつき合いで甘いものを食べても大丈夫ですよ。
きっとその甘さにビックリすることでしょう。
もう、あなたにとってその甘さは当たり前ではなくなっているからです。
ここまで行ったら大丈夫。
もうあなたは甘いものから自由の世界です。

こうして、一つずつ真の健康を勝ち取って行ってください。
マクロビオティックの真髄である、健康で真の自由人として生きるために。



(マクロビオティックの陰陽がわかる本 日本CI協会発行)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ | コメントする

1か月間の甘いもの断ちをしてゲットした桂剥き美人のまな板 マクロビオティックの指導現場から

先日、幸せコースの放課後に嬉しい報告がありました。
土曜クラスで桂剥き美人に輝き、まな板をゲットされたRyokoさんが、1か月間甘いものを断てたと報告してくれたのです\(^o^)/
そして、甘いものを断っていないと、桂剥き投稿のあの回数はこなせなかったとも。

ちなみにRyokoさんは、28日間のうち25回桂剥き投稿をしました。
塾生番号 113-2 がRyokoさんです。
「第10期幸せコース桂剥き投稿回数まとめ」 2018.7.7
そして、その内容が見事だったので、桂剥き美人に該当したのでした。
「2018年度(第10期)幸せコース桂剥き美人を発表します!」 2018.7.8

これにはその前の伏線があります。
幸せコースの第1回目の授業で提出してくれた食事日記に対して、私が甘いものについて次のようなアドバイスをして、その結果、彼女は甘い物断ちを実行してくれたのです。
彼女は大病を患った後だったので、私からのアドバイスは厳しいものになります。
参考までに私がRyokoさんにしたアドバイスと、彼女からのお返事を載せておきましょう。

*   *   *

<マクロ美風からのメール>

Taさん

こんばんは。
食事日記のお返事をさせていただきます。
3週間頑張ってくださって、ありがとうございました。

まず一番最初に言わなければならないこと。
それはやはり甘いものです。
3週間の間に甘いものがなかった日は3日しかありませんでした。
ということは、18日間は甘いものが入っているわけです。
これが反対で、3週間の間に甘いものを食べた日が3日だったら、
大拍手するところでした。

真剣にこの癖に取り組まないと、病気の再発があると思います。
いや、もう刻々と進んでいるのかもしれません。
自覚していないだけかもしれません。
死ぬよりはマシと考えて、甘いものには一切距離を置く姿勢を
確立しましょう。

職場では病気の再発をしたくないから、甘いものは食べない宣言をし、
甘いものはいただかないようにしましょう。
お付き合いより命の方が大事なのですから。
あなたは病気を抱えていることを忘れないでくださいね。

でも、すごく感心したことがあります。
それは、ちゃんと出汁をとって、お味噌汁を作っていることです。
そして、玄米ご飯を炊いてくれたことです。
この力は計り知れないものであり、あなたが3週間の間に感じた
色々なことは、全部が玄米や出汁の効果です。

玄米の食べ方が足りないと、間で甘いものが食べたくなるので、
しっかりと最低200gは食べておきましょう。
それから、3食とも玄米ごはんだと重く感じるような時には、
夜を時々麺類にするといいですよ。
7月には麺三昧の授業なので、楽しみですね。

それからあなたの偉いところは、煮物をよく作っておられることです。
お若いのに偉いですね。
お母さんがお料理好きだったのかな?
この煮物の効果は、あなたが病気を抱えつつも体力がある土台に
なっていますね。
素晴らしいことです。

それから、水分のとり方ですが、職場が空気の乾燥する環境なら、
一口ずつ口に含むように摂るのは大丈夫ですよ。
ゴクゴク飲まないようにして、噛む感じで飲んでください。
これが体に吸収される飲み方です。

これから陰陽でお料理をしたり、体に合わせて食べるようになると、
ご自分に安定したパワーがついてくるようになります。
そして、少々のことで影響を受けなくなったら、また自由な食べ方が
出来るようになります。
それまでは、つらいでしょうが頑張ってみましょう。

甘いもの絶ちは最初は大変に感じるのですが、そのうちに平気に
なりますよ。
味覚って変わるものだから。
玄米をしっかり食べていると、そういう変化を敏感に感じるように
なります。
今回あなたもそれを感じましたね。
素晴らしい!

今回はこんな感じでした。

以上です。

マクロ美風

*   *   *

<Ryokoさんからのメール>

美風さん、

こんにちは。
食事日記のお返事、ありがとうございました。

今までの人生で自分の食事に真剣に向き合った事がなかったので、
こうして食事日記を書くことで、何を食べ、飲んでいるのか、知る事ができました。

ただ、それが、身体にいいことなのか、よくないことなのか、判断できませんでしたが、
美風さんからのお返事で、とてもよくわかりました。

甘いもの。
これでも減らしてこの回数と量なので、過去の食生活では、身体にとても負担がかかっていたのだとあらためて感じました。
そして病気の原因は全てとは言わないまでも、甘いものが大きいのだと、はっきりとわかりました。

「分かっていても、やめられない!」なんて言ってられないので、
せっかくこうして、むそう塾で学ばせていただいているので、
真剣に取り組んでいきます。一番の課題になりそうですが、頑張ります。

毎日甘いものをいただく事は、普通の事と思っていましたので、
そんなにカラダに悪い物と言う認識はありませんでした。
知らないって怖いですね。

玄米とお味噌汁。
はい。今できることは、玄米ご飯をしっかり炊いて食べること。
お出汁をとってお味噌汁を食べること。だったので、できるだけいただくよう努めました。
といっても、玄米ご飯は大好きで無理なくいただけますし、
ちゃんとお出汁をとったお味噌汁は、今までいただいていたものとは別物でとても美味しく、欠かせないものになりました。

今後は、玄米ご飯200gを意識して、
甘い物への意識も変え、もう一歩進んでいきたいと思います。

母はお料理嫌いで、お料理が苦手で、
名前のあるちゃんとしたお料理を作る事はなかったけど、
お総菜や、冷凍食品など、食卓に並んだことはほとんどありませんでした。
私もその影響か、お料理は下手で苦手ですが、
やはり母の作ってくれたような物を作る傾向にあるみたいです。
そして、煮物が好きなので、よく作るのかもしれません。
美風さんに指摘されるまで気づきませんでしたが。

これからむそう塾で習うお料理を、食卓に加えていける事が楽しみです。
麺料理はほとんどしないので、7月の授業が楽しみです。

水分の飲み方のアドバイスもありがとうございました。
体に吸収される飲み方を意識します。

今後は、食べ方、お料理を学んで、体に合わせた食べ方ができるようになったら
またどんな変化があるのか楽しみです。
そして【安定したパワー】を手に入れたいです。

食事日記を見ていただき、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

Ta

*   *   *

<マクロ美風より>

Ryokoさんの食生活で一番の問題だったのは、次の点です。

毎日甘いものをいただく事は、普通の事と思っていましたので、
そんなにカラダに悪い物と言う認識はありませんでした。
知らないって怖いですね。

でも、これは彼女だけの問題ではなく、日本中(いや世界中)で甘いものへの認識は似たようなものでしょう。
でも、甘いものは確実に体調に影響します。
お酒を飲むと酔う現象で陰性さを確認できますが、甘いものも同じく陰性なので、酔う状態とは異なった形で体に影響しているのです。
どちらも組織をゆるめる働きに変わりはありません。

ですから、Ryokoさんが甘い物断ちをして桂剥き投稿に臨んだのは、大正解だったわけです。
これから目標を達成しようとするときは、陽性の力が必要だからですね。
甘い物のような陰性はその後で、自分へのご褒美として摂ればよいからです。
でも、彼女は、1か月間のうちに、甘いものへの欲求度がガラリと変わったので、このまましばらく続けると思います。
彼女の体調とともに、これからの変化を楽しみにしているところです。



(桂剥き美人に選ばれたRyokoさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント

「玄米の炊き方秘伝(第123回愛クラス)」開催のご案内

玄米を召し上がるときには、玄米そのものの特徴をしっかり把握することと、なんといっても消化吸収がきちんと出来ていることが最も重要になります。
「玄米は健康に良いらしい」と炊飯器で炊いたり、土鍋で炊いたりする人がいますが、玄米は白米と同じようなつもりで炊くと、とても体に悪いものになってしまいます。
ですから、正しい情報と炊き方を知るようにしましょう。

こちらの記事もお読みくださると参考になります。
「玄米のエビデンスに頼っていると危険な場合がある 炊き方に注意!」 2018.7.14

むそう塾では、ご持参された玄米が召し上がる人の体調に合っているかどうかだけでなく、その玄米にピッタリの炊き方を伝授しています。
中には白米で食べれば美味しいお米なのですが、玄米で食べると胃腸の負担になったり、炊き方がとても難しい玄米もあります。
ただ単に玄米であれば何でもOKというわけではありません。

毎日召し上がる主食をご自分に最適なものにして、食べながら健康への道を歩んでみませんか?
マクロビオティックの考え方は、そんな時とても役立ちます。
これだけ病人が増え続けている現代において、東洋的なものの見方や考え方が、健康への突破口となって、あなたに生き方革命を起こすことでしょう。

まずは玄米ご飯からスタートして、その後にあなたの台所革命が起き、気づけば健康と幸せな道を歩んでいる日々になったら素敵ですよね。
むそう塾にはそれを実現している仲間がたくさんいますよ。

なお、むそう塾は素人さんにお料理をお教えする教室なので、飲食店関係・お料理教室関係、セミナー関係の方のご参加はご遠慮いただいております。
こちらの注意点を必ずお読みいただいて、どうぞご理解いただけますように。

*   *   *

【講座名】
「第123回  玄米の炊き方秘伝(愛クラス)」

【開催日】
2018年10月28日(

【会場】
授業:「むそう塾」京都市左京区孫橋町18
懇親会:京都ホテルオークラ カフェ レックコート

【内容】
・中川善博による玄米炊飯デモ1回&試食
・各自が教室のお鍋で実際に炊く練習&試食
・玄米の量り方や洗い方の実習(1名ずつ)
・圧力鍋の高圧洗浄の方法(デモ)
・玄米ご飯の写真の撮り方指導(1名ずつ)
・玄米とお塩の診断(1名ずつ)
・再受講者の圧力鍋のフタ、部品のチェック(1名ずつ)
・使用する鍋:「シコマチックeコントロールVision(ビジョン)2.5L」
・昼食(福ZEN:玄米ご飯・おばんざい・お味噌汁・糠漬け・三年番茶)

【玄米投稿の内容】
「むそう塾 パスポート」取得可(一定レベルに達することが必要)
「玄米投稿」の写真指導  期間:1か月間
・パスポート取得者の投稿期間と回数:受講後10日間のうちに3回まで

【タイムテーブル】
11:00       開場
11:30~12:00 お食事
12:00~13:30 自己紹介&マクロ美風のワンポイントアドバイス
13:30~17:00 玄米炊飯のデモ・各自の実習・診断・質問など
17:00      記念撮影
17:30~19:30 復習&懇親会

【定員】
6名

【受講資格】
・一般の方(デリバリーを含む飲食店関係者や料理教室関係者を除く)
・パスポート取得者の再受講もOK
・ご予約の前にこちらの注意点を必ずお読みください

【持ち物】
<初受講の人>
・使い慣れているデジカメまたは比較的新しい携帯電話
・玄米600ccと塩大さじ1杯程度
<再受講の人>
・デジカメまたは比較的新しい携帯電話
・お鍋
・お米(1回炊飯分)
・お塩(1回炊飯分)
・鍋敷き
・ふうわりさん
・教室とカセットコンロが異なる場合はカセットコンロ

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
初回:27,000円(消費税を含む)
再受講:21,600円(消費税を含む)(ビジョン鍋持参者に限る)
復習&懇親会の費用:無料

【受講費の支払期限】
仮受付メールが届いてから7日以内

【申し込み方法】
こちらの予約システムから
 初めての方は事前に会員登録をお済ませください。

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・入金前:0%
・開催日の15日前~8日前:受講費の50%
・開催日の7日前~当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)



(中川式玄米ご飯 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室  むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: HP記事更新のお知らせ, 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

玄米のエビデンスに頼っていると危険な場合がある 炊き方に注意!

最近、あるサイトで玄米が健康に良いと取り上げられていて、せっせと玄米を召し上がる記事が上げられているのですが、発芽玄米と玄米の区別がついていないように思います。
色々なお手軽商品を試されているのですが、マクロビオティックの陰陽から考えてみても、それらは長年食べ続けるというより、一時的に食べる商品だと思えるものばかりです。
でも、マクロビオティックには無関係の人にも、こうして玄米の効用が認識されてきたのは良いことです。

しかし、玄米は白米に比べて一筋縄ではいかないところがあって、そこをしっかり認識しないと、そのうちに、健康のために良かれと思って食べていたのに健康を損ねることになりかねません。
そういう事実がたくさんあったからこそ、白米に比べて玄米が主流になれない現実があるのです。
エビデンスだけで玄米を食べていると、後悔する日がやってきますので、消化吸収が確実にできているかどうかを、ぜひ確かめてほしいと思っています。

*   *   *

ところで、もう玄米を20年くらい召し上がっている人からSOSメールが届きました。
内容を見ると完全に玄米が悪さをしているのですが、玄米を食べ始めてある病気が治った事実があって、そのことが頭から離れていないのです。
こういうことはよくある話で、この「信じてしまう」ことが最大の壁になります。
短期間であれば著効を呈することはあっても、長期間になるとむしろ害になることは、世の中にはたくさんあります。

漢方薬だって長期間続けないで見直しをしますし、西洋医学のお薬だって同じ効能のお薬を他のメーカーに置き換えたりします。
食べ物も同じです。
同じものを長期間摂り続けることによって、生活習慣病になったり、偏りができたりするのですから、毒にも薬にもなるような食べ物は、よほど気をつけて食べるようにしないといけません。

エビデンスはあくまで参考にして、取り入れ方は自分の体をよく観察して、おかしいと思ったらすぐ止めること。
頭でエビデンスを追いかけてはいけません。
玄米は健康に大いに役立つ食材なのですが、その特徴を正しく把握しない人が日常的に取り入れると、危険な体調の人がいます。
特に消化器系が弱い人は、炊き方を間違わないようにしないと、胃腸を傷つけてしまいます。

また、玄米を食べたらお通じがよいと喜んでいる人が多いのですが、その結果以前より体力がついて元気になっていないなら、そのお通じは偽物で、単に未消化部分が出てきているだけです。
玄米が完全に消化吸収されていたら、以前より元気になり、活力がみなぎってくるのですぐ分かります。
もし今、あなたが体調不良で玄米を召し上がっているのだとしたら、ぜひ消化吸収のよい炊きあがりにしてください。
もしくは、一旦玄米をやめることです。

白米にしたら取り除かれる部分が、玄米だと悪さをすることがあるのです。
玄米にはそのお米の素性が全部入っているからです。
それほど玄米は難しい食べ物ですが、きちんと「その玄米の特徴」を知って食べれば、ものすごい力を発揮してくれます。
まさに諸刃の剣なので、ご自分に合う玄米を探して、ご自分に合う炊き方を模索しましょう。
どうしても判らないときには、むそう塾がお手伝いさせていただきます。

「玄米の炊き方秘伝(愛クラス)」という単発講座を、毎月開催しています。
これからですと、8月26日9月24日・10月28日に開催を予定しています。



(中川式玄米ご飯 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

試作会情報 「ローストビーフの琥珀ジュレ掛け」にしびれました

今日は「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理 第2弾」の試作会の一部がありました。
11日にも試作会があったのですが、今日はご注文いただいていた器の発送準備の後に作りました。
途中で、その美味しさに、つい漏洩Tweetをしてしまう私でしたが、当日のお楽しみも残しておかなければならず、顔文字だけのTweetをしていたほどです。

でも、これだけは写真で漏洩したいと中川さんに交渉したところ、だったら記事にしてちゃんと伝えてあげましょうとOKが出ました\(^o^)/
ということで、堂々と公表しちゃいます。

「ローストビーフの琥珀ジュレ掛け」がホントに美味しかったです。
お上品なお味でいただくローストビーフは、さっぱりとして夏の食欲のないときでもお箸が進みそうです。
ジュレのお味が私好みで幸せ倍増でした!

写真の緑色は、ある食材を丁寧にお料理したものなのですが、その使い方がとても新鮮でした。
うどん出汁からこんなお料理が出来るなんて、ビックリです。
中川さんからのメッセージです。
「こんなに旨いもんがあるんだから、みんな来ーい!」ですって(^^)



(ローストビーフの琥珀ジュレ掛け 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


この均一な厚みがプロの仕事ですねぇ。


このドンピシャの火の通り具合になるように、お肉の g 数と加熱時間をきっちり数字に出してお伝えするそうですよ。
さらに、それらのアレンジの仕方もお伝えするそうなので、知りたいことが盛り沢山に詰め込まれた講座です。
どうぞお楽しみに♪


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする