「助からないなら延命しないで下さい」と言ってもいいと思います

Twitterに次のような文章があった。

在宅介護の仕事をしてた事があります。父親が亡くなる時に病院に「助からないなら延命しないで下さい」と言った事を後悔していましたが、その介護の仕事で出会った方が「子供が良くしてくれるから言いづらいが、もう辛い、死にたい」と漏らした事で私が父に対して取った選択は間違いでは無かったと。

ふと想い出す。
私の父が直腸癌で入院したとき、お医者さんから手術をすすめられ、当事者は父なのに子供が4人集まって父の手術の話し合いをしたことを。
父は病気に対して何も意思表示をしていなかったからこうなったけれど、母は手術は一切望まず、「いつお迎えがきてもいい。」といって、毎日仏壇の前で般若心経をあげるのを日課としていた。
両親はともに95歳で亡くなり、大往生だったので延命は考えなかった。

手術後に父の介護をしていたとき、自分の人生なんだから自分で好きなように最後の終わり方を決めたらいいなと思った。
充分子供たちのために頑張って生きてくれたから、長生きしてねということは重荷のような気がした。
父も母も癌特有の苦しみはなく、眠るように召されて行った。

兄は父の死に特別な寂しさがあったようだ。
母が兄を妊娠中に父が招集され、兄が5歳になったときやっとシベリア抑留から父が帰って来たから、兄は「お父さんだよ」と言われても、父のことはよそのおじさんと同じ感じだったらしい。
でも、その後の父の働きぶりや生き様を見ていて、心から尊敬し、大切に思い、長生きしてほしいと思ったらしい。
尊敬する男として、ただただ生きていてほしかったらしい。

人生の終わりには、子供の気持ち、親の気持ち、どちらもあるけれど、私は「長い間ごくろうさま、子どもたちを愛してくれてありがとう。」という気持ちが湧いてきて、充分に感謝した。
昭和という時代に生き、戦争に人生をかき回され、それでも逞しく生ききった父と母。
陽性な時代に陽性に生きていた。

*   *   *

今日はこれから無双原理の学び合いに行く途中。
マクロビオティックが私にもたらしてくれたもの。
それは限りなく大きく、限りなく深く、人生の愉しみを何倍にもしてくれた。
父よ、母よ、私もあなた達から陽性なものを受け継いだような気がするよ。
北の大地を忘れずに頑張るね!




4人の子供がいて、父とお酒を酌み交わせるのは私だけだった。
もっといっぱい話しておきたかったなぁ。


カテゴリー: こころ・想い | コメントする

マクロビオティックの陰陽で生き方を変えてみましょう

「生き方」っていうと堅苦しいし生意気に聞こえますが、言い換えれば「決断の仕方」だと思うんですよね。
生きるためには、随所で「決める」ことがあるので、その時にどんな決断をするかです。

決断は小さなことから大きなことまでいっぱいありますが、人にはそれぞれ基準があると思います。
「いや、基準なんてない」という人も中にはいらっしゃるでしょうか?
でも、決断の「癖」はありますね。
その癖は、考え方の癖でもあります。

癖は誰にでもあるものですから構わないのですが、損な癖は改めた方がいいなぁと思います。
人間は得てしてお金や物に気を取られがちですが、それに惑わされていては正しい判断ができません。
もっと遠く、抽象的なところで考えた方が良い判断につながります。
それは、物事を大局的に見ることでもあります。

*   *   *

塾生さんにも色々なタイプの人がおられますから、私はいつも勉強させてもらっていますが、この「癖」を直すのが本当に難しく、相当本人が意識しなければ直りません。
でも、大抵の場合は自分の癖を知りません。

大局的見地というのは言い換えれば「マクロな視点」ですから、ここでこそマクロビオティックの陰陽の視点で物事を考えれば、とてもしっくりした結論を得られるのですが、それに気づかないでいると勿体ないなぁと思います。
小さなことに気が行っていて、大きなことを見落としているんですね。

でも、大きな決断をする時には、大きな視点で結論を出す癖をつけましょう。
そして、その結論はあなたの生き方となって、日々の暮らしに跳ね返って来ます。

もし、日々の暮らしに不満があるなら、あなたのその判断(癖)を変えましょう。
納得した生き方をするために。




(むそう塾生のmikayanさんのお子さん)

お母さんが里帰り出産で玄米を食べられなかった時と、帰宅されて玄米を食べるようになった時とでは、赤ちゃんの泣く頻度がコロッと変わったそうです。
マクロビオティック(玄米ごはんにして甘いものを減らす)で子供を育てると楽だというのは、多くの人が経験しているのですが、やはりここでもその結果が出ました。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: こころ・想い | コメントする

第268次「むそう塾 パスポート取得者」を発表します

<第268次 むそう塾 パスポート取得者>

Ta(113-2)さん (2017.11.18受講)

<寸評>

◆中川善博より
お見事な炊飯でした。
よく中川式の炊飯法を理解され、陰陽のことも初期段階とはいえしっかり肌で理解されています。
素晴らしい才能です。
このままじっくりマクロビオティック京料理を勉強されると健康で陽性な生活を送れるでしょう。
まずはこのレベルの御飯を100日続けて食べましょう。
じゃい安DIRECT™も注文して食べてみましょう。
腸内環境をむそう塾仕様に整えるのです。
それで安心 ニコニコ暮らしましょう。
おめでとうございます。

◆マクロ美風より
ご病気を克服されたくて愛クラスを受講されたあなたですが、同じ病気の経験者が2名おられて、都合3名の友の会状態になりましたね。
でも、その病気の良き先輩が隣のお席で、「大丈夫よ〜」と言って背中に手を当ててくれた光景が目に焼き付いています。
その先輩は、むそう塾のお料理で今もああやってお元気です。
陰陽バランスが取れるお食事をしているからですね。

あなたはこうして高得点でのパスポート取得が実現しました。
ここをスタートに、本物のお味噌汁と糠漬けをきちんと摂れる環境を整えましょう。
それから次は、食べ物の陰陽バランスをきちんと取ることです。
これが手探り状態だと思うので、ご事情が許せば幸せコースに通われて、1年間定期的に陰陽チェックをできるようにされたら良いと思います。
玄米ご飯だけでは心細いですから、食事日記を通じて、あなたの現実を改善していきましょう。
パスポートの取得、おめでとうございます。




(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品の玄米ご飯)


【関連記事】
「マクロビオティック京料理教室  むそう塾」の玄米炊飯指導の過去記事はこちら、パスポート取得者発表の過去記事はこちらのカテゴリーからご覧いただけます。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: むそう塾 パスポート発表 | 2件のコメント

プロが刻むキャベツの千切り(動画あり)



(キャベツの千切り 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

昨日は満足コース(金曜クラス)の授業がありました。
もうむそう塾ではお馴染みの「キャベツの上級切り」ですが、これが出来ない人がいるので、もう一度復習です。
これも練習あるのみ。
中川さんの説明に「!」とヒントがあるので、公開しておきましょう。
さあ、この動画を見て練習する人、しない人、その差は大きいです。



カテゴリー: 京料理人 中川善博の動画 | コメントする

マクロビオティックの陰陽の考え方で生活する

昨日は「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」の第1回目を開催しました。
前日の夜から仕込みがあるため、中川さんは夜遅くまで頑張ってくれました。

むそう塾でお伝えするお料理は、一流店のお味に負けないレベルのものを、素人でも作れるように限りなく料理方法を研究しつくしてあります。
そこが中川さんの一番苦労するところですが、勘違いしないように、手際が悪くて味が落ちないように、あの人、この人、色んな塾生さんのお顔を思いながら、作り方を研究しているのです。

たとえば、下の写真の「簡単ホイコウロウ」もその一つで、前夜の仕込み中にさらに微調整したという念の入れようでした。
その結果、油でギトギトしないホイコウロウが、幸せコース受講中の人でも簡単に美味しく作れるようになっています。
そして、このホイコウロウはマクロビオティックの陰陽でも、ちゃんとバランスが取れていますので、安心して召し上がってください。



(簡単ホイコウロウ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

受講された人は、お約束の「完全コピー」を守って作ってくださいね。
アバウトからは絶対に中川善博の料理は再現できません。

*   *   *

マクロビオティックの現状も最近は大きく変化し始めていますので、動物性を絶対ダメという認識が変わりつつあります。
むそう塾は「食べ物はすべて平等で、動物性が必要なら摂ればよいし、いらなければ摂らなくてもよい」という考え方です。

ただし、動物性を摂る場合には体への負担を減らす「毒消し」をきちんとすること、これがお約束です。
毒消しをちゃんとすると、体は驚くほど調子がよくなりますから、こういうところで食べ物の力を実感されると思います。
そして、その見極めにマクロビオティックの陰陽が役立つのです。

先日も糖尿病患者の方に、低血糖時の対応についてアドバイスをしたところ、とても良い結果を体験されて、笑顔で報告してくれました。
そうなんです。
マクロビオティックの陰陽の考え方は、こういうところでも実力を発揮するのです。

陰陽とともに生活して、あなたの人生を素敵なものにしましょう。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事のご案内】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント