「女の気持ち」を読んだ塾生さんのご感想より 人生の終盤で明るい要素を

先日の記事「女の気持ち」より 心の傷は簡単には癒せません 長ければ長いほどを読んでメールをくださった人がおりました。
ご自身の体験と重なるところがあるそうです。
こういう人は沢山いらっしゃると思います。
私もこれまで、そういう経験をされた人から相談されることが多かったです。
親世代からも子供世代からも。

今回メールを下さった人をAさんとしましょう。
Aさんのお母様は現在75歳ですが、80歳になる夫からのモラハラは続いているそうです。
つまり、先の記事の子供世代の気持ちが綴られているわけですが、Aさんもまたモラハラの被害者になっています。
これではAさんもつらいと思います。
でも、Aさんは次のような文章で最後を締めくくっています。

私は結婚で救われたほうですが、この記事のようなくつろげるはずの家庭が苦しみの場になってしまっている話を見る度に心が痛みます。

母のことも、母の生まれ育った環境、性格、様々な要因が重なって宇宙の摂理というか、なるべくしてなった結果かもしれませんが、人生の終盤でも何か明るい要素があればなぁと思わずにいられません。

偉いですねぇ。
深い愛情でお母様のことを見守っています。
お母様が我慢して生きて来た結果は、Aさんの存在で救われるのではないでしょうか。
過ぎたことはともかく、これからお母様の残りの人生に、「ああ、生きていてよかった」と思えることがあるといいなあと私も思っています。



(花びら百合根 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です