奈良少年刑務所詩集「空が青いから白をえらんだのです」に子育てのあるべき姿を感じる 

今日の放課後、ある塾生さんと子育てについての話をしていました。
受験を控えたお子さんを抱えて、お母様の心境は複雑だと思いますが、気負いすぎずにこの時期を通過できたらいいなと思いました。

100の家庭があったら、100の子育てがあると私は思っています。
ですから、よその子育てについて口出しするつもりはまったくないのですが、中学生くらいの子どもの心境って複雑なので、第三者の意見に惑わされず、しっかりとご自分(お母様)のお気持ちを貫かれたらよいと思います。
後悔しないように。

その塾生さんと話していたとき、私は「奈良少年刑務所」の例を出しました。
子どもの純粋な気持ちを思うと、子育てのあるべき姿が見えてくるように思うのですが、親が気にするのはただそれだけでいいと思うのです。
「何歳だからこうしなくちゃ」とか、「普通はこんなものだ」とか、主人公の子どもの気持ちを抜きにして、親が「常識」と思うことに振り回されないほうがよいと思うのです。

一番落ち着く「落としどころ」みたいなものが子育てにもあります。
だから、仮にそれがよその子育てと違っていても、親の視線が子どもに向いていればそれで後悔はしないでしょう。

私が感動した子どもたちの詩を紹介した過去記事を、もう一度載せておきます。
「美しい刑務所」水が器に従うように、人の心も建物に左右される。 2017.12.26
「空が青いから白をえらんだのです」より 2017.12.26

「空が青いから白をえらんだのです」の中に集められた詩は、何度読んでも涙なしでは読めません。
これを読めば、親はどうあるべきかの答えが出てくることでしょう。



空が青いから白をえらんだのです 寮美千子編)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. 壽乃 のコメント:
    美風さん、今日はありがとうございました。
    第3者から言われる言葉にモヤっとしていた私の気持ちがスッキリクリアになりました。

    子供が甘えてきた時にはしっかりと受け止め、そうでない時は愛情を持ってドッシリと構えて私自身がブレないようにしよう、と思います。

    早速紹介していただいた詩を読みましたが、

    詩を書いた子供達は、どんな親でも親の愛を求めていたんだなと子供たちの気持ちを思うと、涙が止まらなくなりました。

    早速この詩集も読んでみます。
    涙涙で詩集がヨレヨレになってしまうでしょうね。
    • マクロ美風 のコメント:
      壽乃ちゃん、こんばんは。
      今日はお疲れ様でした。

      >第3者から言われる言葉にモヤっとしていた私の気持ちがスッキリクリアになりました。

      子どもには年齢だけで決めつけられない環境の違いがあるので、1対1で向き合ってあげたら良いと思います。
      同じ男の子でも、お兄ちゃんにはお兄ちゃんの、弟さんには弟さんの個性や性格の違いがありますから、周りの雑音に惑わされずに、お子さんたちの“心”を優先しましょう。

      詩集からも何かを感じ取っていただけると思っています。
  2. 壽乃 のコメント:
    多感な時期だからこそ今まで以上に1対1で子供としっかり向き合おうと思いました。
    同じように育てていても性格も個性も全く違う子供たち。面白いですね。

    詩集、Amazonで調べたら在庫切れでしたので、明日書店に行き探してみます。
    早く読みたいです!
    • マクロ美風 のコメント:
      壽乃ちゃん、おはようございます。

      壽乃ちゃんは愛情には問題はないけど、時々自信をなくすから、もっと「このままでいいんだ!」って自信をもって進んでね。

      「空が青いから白をえらんだのです」は出版されてから年数が経っているので、文庫本で売っていますよ。
      本屋さんよりネットの方が見つかると思います。
    • きよ のコメント:
      横から失礼致します。
      私も読みたいと探したら、楽天ブックスにありましたよ。
      既に購入済みでしたら、すみません。
      何度も読み返す本になりそうです。
      • マクロ美風 のコメント:
        きよちゃん、こんばんは。

        情報をありがとうございます。
        私も探したら、他にもありました。

        私も子どものことで悩む時(未だに)、この本を手にして心を整理しています。
        他にも奈良少年刑務所の詩集があるので、そちらもお読みになったらよいかもしれません。
        • きよ のコメント:
          ありがとうございます。講座の時は移動時間が長くて、いつもは忙しくてなかなか読めない本を読むのにとても良い時間になっています。娘は口が達者ですごく負けず嫌いなので、しょうもない事なのに凄い勢いのケンカになってしまったりして、反省する事がよくあります。是非、そちらの本も読んで、もっとおおらかな気持ちで子育てしたいです。ありがとうございました。
          • マクロ美風 のコメント:
            おやまあ、お子さんと喧嘩をされるのですね。
            弁の立つお子さんを持つと、そういうことがあるのかもしれないですね。
            でも、子どもが強く言い張るときって、大抵大人の方が間違っていることが多いので、子どもの言い分を尊重してあげることも大事なことですね。

            ちなみに我が家では、親子喧嘩って存在しないなあ。
            夫も含めて。
      • 壽乃 のコメント:
        きよちゃん、見つけていただいてありがとうございました。
        まだ購入できていなかったので、助かりました。

        お互いにこの本を読むのが楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です