そんなに女を捨ててどこへ行く?

ブログ内検索をしていたら、こんな記事が出てきた。
桃栗三年柿八年 → 腿膝三年尻八年 2009.2.27

その記事を前提として、こんな記事も出てきた。
生理不順でお悩みの方へ 2009.5.29

その後Kさんはどうされたかな〜?
きっとお子さんに囲まれているかもしれないね。
音沙汰なしってことは元気な便りと思っておこう。
だって、子育て中は忙しいから。

*   *   *

むそう塾に来られてから生理が復活した人は本当に多い。
食べ誤りを指摘して、女性が本来持っている体の機能を取り戻せるようにしてあげるだけで、体が変わって行く。
生理が戻って妊娠して、赤ちゃんの写真を見せてくれると本当に嬉しい。

*   *   *

月経という当たり前のことを、今や邪魔者のようにする生き方や考え方が医療の現場でもあるのだと聞いた。

そんなに女を捨ててどこへ行く?

もっと女の良さを知ろうではないか。

まずは、しっとりした心とお肌を。



(牡蠣のクリームシチュー 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

しっとり(よい陰性)は、体にも心にもなくてはならないもの。
これを失うと味気ない人になる。
マクロビオティックでは陽性が最高なのではなく、よい陰性を含んだ中庸が一番バランスが良いとされる。
だから、陰性を嫌わないように。

寒い季節には鍋物やスープで良質の水分を補給しよう。
しっぽり炊いた煮物もおすすめ。
くれぐれも異常乾燥注意報が出ないように(^_-)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: からだ, こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です