すっぽんぽんの心で子育てをしよう (独り言を含む)

講座のご案内記事が続いたので、ちょっと子育ての記事を。

むそう塾に来られる人は10代〜70代(79歳が最高齢)まで幅広くおられるのですが、その中から毎年何人もの塾生さんが赤ちゃんを産んでくれます。
1年間コースに通われていても、途中で出産して1回だけお休みして、またコースに復帰されます。
赤ちゃんが寝返りを打つまでは、教室に一緒に連れてきて、こんなふうにママの邪魔をすることなく静かに寝ています。




授業が終わったら、こんなふうに抱かせてもらうのが、中川さんも私も本当に楽しみです。
そして、むそう塾の教えが間違っていなかったと確認するときでもありますので、二人共安心をもらえるのです。
血のつながりはなくても、心のつながりがあるので、それはもう可愛くてなりません。





*   *   *

遠く宮城県から、ご一家で車を走らせてお子さんを連れてきてくれた塾生さんもいます。
なんと有難いことでしょうか。
涙が出ましたよ。
写真は2012年の8月です。
(ああ、私の髪が黒い! 懐かしいなあ)

東北大震災の年に生まれて、特別な命の輝きを感じたものです。
よくぞ産まれて来てくれました。
あなたは神様に守られた命です。
(おじいちゃんの家は流されたけど、おじいちゃんが生きていてくれて本当に良かったね。)



中川さんが塾生さんの持参した玄米ご飯を味見していると、こんなふうに身を乗り出して近づいて行きました。
彼にとっての玄米ご飯は、特別な存在なのでしょうか?


*   *   *

私は赤ちゃんを抱っこさせてもらえる度に思うのです。
アレルギーもなく、艷やかなお肌で良かったと。
自分が息子の重度のアトピーで、さんざん味わった重い体験を、塾生さんがしなくて良かったと心から思うのです。

こんなにアレルギーの多い時代なのに、むそう塾生の赤ちゃんたちは、元気に美味しいお料理で育っています。
仕事に復帰したお母さんでも、頑張ってお料理をしています。
ササッと作るお料理もできるし、本格的でも手際よく作るための方法を教えてあるので、ちゃんと美味しく出来上がるのです。

これから産休に入るママさんもいるし、次々と生まれる玄米っ子たちが、美味しそうに玄米を口にする姿を見ると、ああ、これでこの子は安心ね、と思うのです。
塾生さん同士で子育ての情報交換もして、いい感じで子育てをされているのがとても嬉しいです。

*   *   *

(ここからは独り言です)

子育てって、就学前は自然にノビノビと育ってほしいと思っていても、小学生になって成績なんていうものをつけられるようになると、親の気持ちが揺らぎ始めるのよね。
そこからが親としての正念場というか、親の人生観やポリシーなどが試されるわけね。
万が一いじめや不登校なんていう問題を抱えると、いかに親が子どもを守りきれるかが問われるし。

そんなとき、何を指針にするのか?
きっと親は沢山の情報に翻弄されると思うけど、それより確かなのは、子どもが笑顔でいられる環境にしてあげることだと思っている。
親はつまらない見栄を捨てること。
それさえ出来れば、子どもの笑顔は格段に増えるから。

子育ては騙しがきかない。
本音で子どもと向き合わないと、ぜ〜んぶ見透かされてしまう。
それはもう赤ん坊のときからその才能を発揮してくるから、凄いものだと思う。

だから親は、子どもに生き直しをさせてもらうつもりで、すっぽんぽんの心になったらいい。
そうしたら、親も楽になるよ〜。
マクロビオティックの考え方は、そんな時にとても役立つから、裸になるために活用してね。
陰陽ってそのくらい心強い中心軸になるよ〜。

*   *   *

ところで、赤ちゃんに接すると、限りなく心が優しくなれるのよね。
それは赤ちゃんの存在がそういうオーラを発揮するから。
だから、子どものいない人でも、子育てが終わった人でも、そばに赤ちゃんがいたら、ぜひ接するようにするといいね。
そして、子育て中の大変さを分かち合えたらなおいいね。

子どもはうるさいとか、子どもは邪魔だとかいっていないで、子どもから純粋な心を教えてもらったらいい。
そして、汚れてしまった自分や、歪んでいた自分の心を反省したらいい。
(特に男性には必要。人生観が変わるよ〜。)
就学前であろうと、小学校高学年であろうと、中学生や高校生であろうと、子どもが反抗的になる時は、親に問題があると考えた方がよい。

親が打算や権威で子どもに接していたら、簡単に子どもに見抜かれる。
大人の事情でそうなりがちな人もいるけど、それは気持ちの良い人生じゃないよね。
少なくても、子どもたちに顔向けの出来ない生き方はしないようにしよう。

政治家の皆さんも、子どもに関することは、全部無料にするくらいの気持ちになってほしい。
たとえば、保育料とか大学までの授業料とか、とにかく子どもにお金をかけてほしい。
未来を担う命にお金をつぎ込むのは当たり前なのに、それをしないで政治といえるのか?
人を殺す武器なんて、誰も望んでいないのだ!(怒)

あ〜、話がとんでもない方にそれてしまった・・・。
政治の話はエンドレスになるから、このへんで止めておこう。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. 彩生(あい) のコメント:
    美風さん、素敵な独り言をありがとうございます。独り言で涙が滲みそうになりました。ほんとうに、子どもは騙せないこと、すっぽんぽんにさせられていることを実感しています。

    私自身、小児アトピーと仕事をし始めてからはひどい手あれに悩まされていました。なので、息子の肌のことはとても心配でしたが、むそう塾の玄米と共に生まれてからずっと綺麗な肌を保てました。ですが大分では昨日から急に乾燥を感じるようになりました。途端に息子の目の周りにも少し赤みが、、ちょっとの赤みでも心が不安でいっぱいになりそうになりましたが、むそう塾の玄米とお味噌汁まずしっかりするんだ、私にできることをするんだと落ち着けました。そう思って息子を見たら、息子が笑いかけてくれました。

    元気に生まれてきてくれてありがとうと改めて感じれた日でした。
    • マクロ美風 のコメント:
      彩生ちゃん、こんばんは。

      これから空気が乾燥するようになると、アトピーの人は悪化するケースが多いですね。
      私も息子もアトピーの時にはつらかったです。

      でも、彩生ちゃんのマクロビオティックの知識で、息子さんはベターな状態をキープされていますから、安心して保湿を心がけてください。
      カサカサになってきたら、痒くなるので早めに対応してあげてね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です