鱧の骨切りが出来たら、ぜひ鱧うどんを作ってみましょう


(鱧うどん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


先日の試作会で、中川さんが「鱧うどん」を作ってくれました。
当日の朝、スタッフの麗可さんが大阪のお魚屋“たくや”さんから受け取った鱧を、すぐおろして骨切りして教室に持参してくれました。

作り方は、上級幸せコースで習う「うどん屋さんの出汁」を使ったうどんの要領で、鱧を加えるだけです。
確認のために、材料の切り方を長さの写真も載せておきましょう。


(鱧うどんの材料 他に水菜・柚子など)


すでに秘伝コースで「鱧の特訓講座」を受講された皆さんは、鱧が大きくなりすぎないうちに、どんどん練習されていると思いますが、鱧うどんにされると日常的に気軽に召し上がれるのでおすすめです。
お揚げが厚くなりすぎないように気をつけてくださいね。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です