重陽の節句 旧暦の方がピッタリくるのですが・・・


(京都 瓢亭)

きょうは重陽の節句。
でも、これは新暦の話。
本来は旧暦の9月だから、新暦なら10月に行なう方がピッタリくる。
まだ暑さの残る9月より、菊の花の美しさを堪能しながら迎える方がしっくりとくる。

世の中は新暦で動いているので、9月に入ったら、もうお芋や菊の花、栗などをお料理に使っているところも多い。
というか、季節を先取りする感覚で献立を立てるという方が正しいかな。
でも、和服の世界と同じで、季節の移り変わりの約束事は外せない。
このあたりが洋装と和装の違いかな。

9月4日の瓢亭さんの献立にも、菊の花びらが鯛のお刺身に添えられていた。
手前には菊の葉の上にきぬかつぎが置かれ、秋を演出していた。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です