「おしゃべり陰陽Cafe Vol.5」に参加して

昨夜は満開の桜の中、「おしゃべり陰陽Cafe Vol.5」が開催されました。
どこも桜桜桜で、ピンクに染まった東京でした。
もう散り始めている木もあって、若葉のやさしい緑にも癒やされました。

会場は東京の乃木坂。
今回のテーマは「お茶」と「アレルギー」。
過去4回のテーマを書いておきましょう。
Vol.1「根菜」と「戦争」
Vol.2「米」と「風邪」
Vol.3「冷え」と「恋愛」
Vol.4「甘味料」と「お金」

信頼できる人たちと、マクロビオティックの基本についてお話をできるのはとてもありがたいことで、毎回参加するたびに学びがあります。
誰でも何でもそうですが、年月とともに自己流が入り込んで、自分に都合のよいように変換されがちです。
それは技術も考え方も同じですから、こうしてすり合わせができるのは、とても貴重な機会です。
いつも基本を大切にして、地道に続けることが次なるエネルギーにつながると信じています。

昨日は、マクロビオティックでは伝え方に差異のある「右まわり」「左まわり」についての高桑智雄氏の見解をお聞き出来て、とても安心しました。
というのは、私がこれまで考えてきて自分なりに納得していることと全く同じだったからです。
もちろん、「コリオリの力」の認識もすり合わせが出来てありがたかったです。
何年も考えてきたことに対する話を、こうして気軽に話せる場の存在は、真剣にマクロビオティックを考えている人にとっては、とてもありがたいと思います。

今回は新潟の鈴木さんご夫妻が途中から参加してくれました。
何年ぶりの再会でしょうか?
とてもお元気で若々しくて、素敵に暮らしていらっしゃるんだなと感じました。
泊りがけで新潟に何度もお邪魔して、囲炉裏を囲みながら陰陽を語り合った日も懐かしく想い出されます。

陰陽って、こうして語り合いながら、一つひとつ腑に落としていくのがいいですね。
決して資格で伝える世界ではありません。

「おしゃべり陰陽Cafe」のブログはこちら
後ほど今回の内容がアップされると思います。



(京都 鴨川の桜 撮影:中川善博 2018.4.28)

ずっと話に夢中になっていて、写真を1枚も撮っていませんでした。
京都の写真で恐縮ですが、桜の季節ということでお許しを。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 「おしゃべり陰陽cafe 」 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です