冬には水菜をたくさんいただきましょう ハリハリ鍋がおすすめ

12月26日に、埼玉の自宅に帰ってから、当然のことなのですが毎日お料理を作っては洗い、作っては洗いの主婦をしています。
昨夜は中川さんにいただいた西京漬けとハリハリ鍋でした。
寄せ鍋とは違って、沢山の材料を用意しなくても済むので、忙しい時のお助け料理です。

夫は中川さんの西京漬けがとてもお気に入りで、包丁目に感心していました。
もともと夫は大根おろしが大好きな人なので、小鉢に大根おろしを入れてあげるとペロッと平らげます。
こうして知らず知らずのうちに毒消しをしている夫です。
ですから、玄米とお魚を組み合わせても大丈夫。

ハリハリ鍋の良いところは、何と言っても大量にお野菜を食べられることでしょうか。
ビックリするほど水菜を用意しても、どんどん胃袋に消えて行きます(^^)
中川さんに教えてもらった作り方だと、お汁がとっても美味しいので、お鍋いっぱいのお汁が全部なくなります。

ところで、水菜にはビタミンCが沢山含まれていますが、鍋の中に溶け出たCはお汁を飲むことによって無駄なく摂取できるので理想的です。
また鉄分も多くて、茹でたほうれん草より多いんですよ。
カルシウムも多いので、お子さんにもお年寄りにも召し上がってほしいですね。
あ、そうそう、妊婦さんにもおすすめです。

寒い季節が水菜の旬ですから、冬はせっせと水菜をいただきましょう。
旬の食材にはその季節に必要なものが詰まっているので、旬の食材が持つエネルギーも一緒にいただきましょう。
お肉のお好きな人や、マクロビオティックを長年していて陽性になっている人は、サラダで召し上がるのも美味しいですね。

一方、陰性だからと生野菜は敬遠されている人でも、この季節にとれる葉物野菜は夏野菜より陽性さがありますし、ハリハリ鍋のようにサッとお汁に通すとより陽性になりますので、安心してお召し上がりください。




(水菜 写真はこちらの記事からお借りしました。)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 食べ物あれこれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です