シャンプーや常在菌のこと

昨日、東京でマクロビオティックの大先輩お二方とお食事をしました。
当然のことながら私のヘアスタイルの話になり、髪のお手入れに話題が移りました。
大先輩のうちのお一人(60代)は髪が黒くて、もうお一人(60代)は髪が白いのです。

巷でも年齢がいっても髪が黒い人がいますが、マクロビオティックの世界でも同じ。
ただ、大先輩たちには、男性でもシャンプーを使わないという人が何人もいます。
そういえば、芸能界でも石鹸やシャンプーを使わない男性がいますね。

私の友人は野口整体の指導室を開いていて、子供3人をシャンプーなしで育てたのですが、ちゃんと天使の輪が出来て綺麗な髪のお嬢さんに育ちました。
お湯で余分な脂分を洗い流すだけなので、シャンプーもリンスもいらないのです。

しかし私の夫は脂性なので、シャンプーを使っています。
iPhoneにもすぐ指紋がつくので、息子に嫌われていますが(笑)

そもそも頭皮って顔の皮膚の延長線なので、お湯で顔を洗うのと同じようにすればいいだけなのではないかと私は思います。
シャンプーの目的はその頭皮を綺麗にすることであって、その結果髪の汚れも落ちるわけです。

頭皮には頭皮を守ってくれる皮膚常在菌がいるので、それを死滅させないようにしてあげることがとても大事です。
この常在菌が皮膚をちょうどよいpHにしてくれるのですから、私たちの体は常在菌のおかげで守られているんですよね。

糠漬けも乳酸菌のご機嫌次第で明暗がわかれます。
微生物や常在菌の存在を忘れない生き方が、本物の健康につながることを改めて感じます。
過度に綺麗にしすぎない生活。
そんな生活が好きです。




なみなみと注がれる日本酒。
マクロビオティックの大先輩とこうしてお酒をいただけるご縁に感謝した一日でした。
貴重なお時間をありがとうございました。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です