むそう塾に新米が届きました

実りの秋になった。
新幹線の窓から稲穂の美しさを眺めるだけでも、精神的に満たされてくる。
非情にも新幹線はあっという間のスピードで通り過ぎてしまうけれど、本当は田んぼで清々しい空気とともに、稲の香りをかぎたい。

数か月もの間、太陽に当たって育った稲には、しっかりとした陽性のエネルギーがこもっていて、手にすると安堵感や幸せな気持ちが広がってくる。
それは主食という重みだけではなく、お米がいかに神聖な穀物であるかを感じるときでもある。

今の私は田んぼに出ることはないけれど、お米を作っていた時にマクロビオティックを知っていたら、もっと感謝の気持ちで農作業をこなせたかもしれない。
とはいっても、やはり農作業には腰の痛くなることや力仕事も多い。

丹精込めた仕事をしてくださって、今年も滋賀県の農家さんから新米が届いた。
ありがたいことだ。
身土不二で探しても良いお米が入手出来ない塾生さんは、こちらの農家さんから直接送ってもらうことも出来る。




(2017年滋賀県産玄米 マクロビオティック京料理教室  むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です