髪を切りました

今日髪を切りました。
そして、白髪を染めるのをやめました。
今まではホットカーラーで髪を巻いていたのですが、それも止めることにしました。

最初はこういうヘアスタイルにするつもりでした。
仕事が面白くて仕方なかった頃のヘアスタイルです。
ドライヤーとブラシでススッと形が調うので楽チンでした。
あ、そうそう、男性ウケも良かったです(笑)


(ネットから拝借)


で、今回もそれに近いスタイルにしようかな〜と思っていたのですが、なんと!
髪の一部分に強いウェーブがあって、このスタイルは無理ではないかということになりました。
昔はそんなウェーブはなかったのに、年月とともに髪の質だけでなく、頭部の部位の陰陽が変わっていたのです。
これはキューティクルの変化によるのもありますが、マクロビオティックの望診でいうなら、ある内臓と関連する部位でした。

ということは、その臓器が若い時とは強さが変わって来たということでもありますね。
やはり。
それで、そのウェーブがドライヤーで伸びればキューティクルが弱いし、伸びなければまだ髪が強いので、濡らしたりドライヤーをかけたりして実験です。
結果はウェーブが強いので、そのウェーブに見合ったパーマをかけることになりました。

最初はこのくらいでいいかなと思ったのですが、もう少し強いウェーブになりました。


(ネットから拝借)


そして、襟足ももう少し髪を多く残しました。
これはカットに反対する男性陣に配慮してのことです(笑)
一辺に白髪とカットでは可哀想かなと思って・・・。

今は過渡的なヘアスタイルなので、これから2年間かけて自分のスタイルを作って行こうと思います。
は〜、それにしても気の長い話だこと。

でもね、面白いことに、2年間でどんな自分になるのだろうと思うと、ワクワクするんですよ。
一層内面が問われるわけですから、そっちの方の意識が強くなってきて、何だかお腹に一本新しい柱が通った感じがします。
街を歩く人を見ても、電車の中の人を見ても、今までとは視点が違うのです。

自分がある決意をするだけで、今までと同じ光景でも違って見えることはよくあることですが、まさか白髪染めをやめるだけでこんな気持ちになるとは、思ってもみませんでした。

さっきも新幹線の中で、そんなことを陰陽でつらつらと考えていたら、なるほどね〜と大納得でした。
体って、人の気持ちって、本当に面白いです。
そして、正直です。


カテゴリー: こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です