産まれて1週間経ちました

むそう塾生の舞ちゃんの赤ちゃんが産まれてから1週間が経って、写真と動画を送ってくれました。
私が一人で見ているのは勿体ないので、記事にしますね。
舞ちゃんは産後3日目あたりから涙もろくなって、マタニティブルーそのもののに陥っています。
私も経験しましたが、あれは困りますよね。
急激なホルモン変化に体がついていけないのですが、そんな時に支えてくれる仲間がいると嬉しいですよね。

舞ちゃんにはお母さんがいないので、肉親に産後の生活を甘えることはできません。
ですから、今は精神的にも不安定になると思いますので、むそう塾の先輩ママたちが応援してあげてくれると嬉しいです。


1週間でキリッとしてきました。
なかなかハンサムで、女の子にモテそうですねぇ。
口元が舞ちゃん似かな?


福耳ではありませんでした、と書いてあったのですが、福耳を持っていながらひどい人生を送っている人は結構いるので、これはあまり気にしない方がいいですよ。
なかなか強情なお耳をされていますので、むしろこちらの方が楽しみかな
(笑)
男の子だから良いのではないでしょうか。


手足の指が長いそうです。
舞ちゃんの背が高いので、当然かなと思います。(ご主人様の身長は知らないので。)
あ! ということは、この指で桂むきをしたら、ママ譲りの素晴らしい桂むきができるのでは?
パパも手先を使うお仕事だから、器用かもしれないね。


昨日の朝のようちゃんです。

舞ちゃんのお父さんも孫に会いに来てくれました。
メロメロだったようですよ。
嬉しかったでしょうねぇ。


ところで、こんな動画もあります。
お目々がパッチリ開いて来ました。



カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー パーマリンク

コメント

  1. ゆかえもん のコメント:
    美風さん、おはようございます。
    舞さんの赤ちゃんをこうして見せていただきありがとうございます。
    自分の時の事を思い出しながら拝見しました。

    私も産後直後から母子同室でずっと一緒でしたが、5日目に黄疸治療で初めて息子と離れなくてはならなくなった時がありました。
    その時、この世のこんなに辛いことがあるのか⁈と思うほど息子と離れるのが悲しくて切なくて病室で1人大泣きしていました。その後にたまらず夫に電話をかけ、ワンワン泣いていました。
    今思えばマタニティーブルーだったようですね。

    舞さんにお会いする機会はなかなかないけれど、以前講座でご一緒した際の舞さんのあの素敵な笑顔が今は満開なんだろうな〜と思わず私も顔がゆるみます。

    なんてことないコメント失礼しました!
    • のコメント:
      ゆかえもんさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。
      ゆかえもんさんもあったのですね。
      離れてしまうのがさみしいの、私もそうです。
      わずかな時間でも預かってもらうと身体はとても楽なのに、
      寂しくて寂しくて泣けてしまって。。

      どんだけ陰性なんだー!と思いつつも止まらなくて困ります。

      ゆかえもんのお子さんの毎月の成長、楽しみに拝見しています。
      なかなかお会いする機会はないかもしれないけれど、またtwitterでお子さんのお写真も見せてください。
    • マクロ美風 のコメント:
      ゆかえもんちゃん、こんにちは。

      お産をすると、人間だけでなく、猫や犬も神経過敏になります。
      そして、我が子を守ろうと、時には飼い主にすら攻撃的になったりします。
      これが動物の本能なんですね。
      つまり、我が子を片時も離さないようにする本能です。

      だから、たとえ治療のためと頭では理解していても、本能が優先されて大泣きしたというわけ。
      すごいですね、本能って。
  2. のコメント:
    美風さん、こんにちは。
    あたたかな記事にしていただいてありがとうございます。
    さっきまでなんともなかったのに、ふとした瞬間にところかまわず泣けてしまって
    なんでもないことでもさみしかったり切なかったり心細かったりと
    翻弄されて困ってしまいました。

    記事を見た塾生さんが何名か連絡をくれて、
    ひとりではない、というのを改めて思い出しました。
    あたたかなこの繋がりの中にいることができて、本当にありがたいです。

    なかなか強情な耳!なのですね!
    今からすでに、だいぶマイペースさんなようなので
    これからどんな人になっていくのか楽しみです(笑)
    • マクロ美風 のコメント:
      舞ちゃん、おはようございます。

      仲間って嬉しいね。
      そして、体験者のお話もありがたいね。
      急に1個の物体が自分の腕に預けられて、泣いたりオシッコをしたり大騒ぎになるので、お母さんの方も実は面食らっているのですよ。

      とにかく、グッスリ寝ることもままならない時間の連続で、疲労感がピークに達することも大きいです。
      これからは寝不足の日々になりますから、半分、意識朦朧とした生活になるかも(笑)
      ま、そんな時期を経て私たちは大きくしてもらったのだから、子育てをしながら、改めてご両親への感謝の気持ちが湧いて来ることと思います。

      子育ての良さって、親への感謝の気持ちを心から味わうことにあるのではないかと、私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です