マクロビオティックの陰陽を活かした生き方 質の話

2月18日〜3月20日まで、「マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス講座」を開催していました。
本来は1か月間なのですが、連休中に片付けを進めたいだろうなぁと思って、少しおまけをしたのでした。
期間中はブログの記事が家事アドバイスのものばかりが並んで、関心のない方には失礼いたしました。
でも、関心のある方からは、「あれが参考になった」とか「あれがとても勉強になった」とかというご報告があって、励みになりました。

今現在お二人の方が家具購入の関係上、引き続き家事アドバイス期間を更新して受講中ですので、時々記事が登場することになります。

*   *   *

ところで、住まい方というのは、その人のすべてを表しますね。
そして、その住まい(環境)から諸々の氣を受けて私達が生きていることを、今回の家事アドバイスでも確認出来ました。
持ち物の整理をする前に、心の整理をしなければ前に進めないからです。

この家事アドバイス講座の目的は、「物」という目に見えるもの(陽性)で、「心」という目に見えないところ(陰性)の陰陽調整をすることにあります。
たとえば食器棚一つを巡って、ダイニングテーブル一つを巡って、それまで話題にならなかった角度からご夫婦が話し合って、お互いの本心を初めて知ったなんていうことがあります。
ふだん一緒に暮らしているだけで、実は相手の本当の心の部分を知らなかったなんてことも、多くの人にあることです。

日常的に何となく満たされない何かがある人は、ぜひせっせと「物」の棚卸しをされることをおすすめします。
そうすると、不思議なことに「心」の棚卸しが進んでくるのです。
家の中の「物」の在庫管理が出来ていない人は、「心」や日々の暮らしの「スピード」にも影響します。
(スピードには陰陽両方あり。)
このうち「陽性のスピード」というのが、実は暮らしの隠れた援護者でもあるのです。
そのことに気づき始めると、結構「質の良い生き方ができるようになります。

ということは、疲れが減るのです。
睡眠だって、眠りの質がよいと疲れが取れるのと同じですね。
ただ生きるのではなく、質の良い生き方。
それが私の目指す「マクロビオティックの陰陽を活かした生き方」です。

ちなみに、誰かから愚痴られた経験のある方ならお分かりでしょうが、愚痴られた後って物凄く疲れるでしょ?
あれは「質の悪い行為」(陰性)だからです。
ですから、誰かに愚痴ったり愚痴られたりしなくて済むような時間の使い方をしましょう。
自分の人生を大切に考えられる人は、相手の人生をも大切にすることが出来ます。
そんな人間関係を築いて行きたいですね。

*   *   *



(京都 岡崎疎水の桜 中川善博iPhone撮影 2017.3.29)

写真の桜は、中川さんがポケモンでお出かけの時に、岡崎疎水(地図のの場所で撮ったものですが、この岡崎疎水は私も大好きな場所です。
まだほとんどの木は蕾なのですが、すでに疎水の両側がライトアップされて、名物の十石舟も運行されています。
日に日に開花する木が増えていくことでしょう。



むそう塾のある仁王門通をまっすぐ東へ歩いていくと、この疎水に到着します。
ここで桜を堪能して、瓢亭さんでランチをすると、目にもお口にも幸せな一日になることでしょう。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です