京料理人(兼主夫)の中川善博が生み出す「家庭料理の力」

マクロビオティック料理であってもなくてもお料理は美味しく出来上がると嬉しいし、費やした時間も食材も報われます。
しかし、まずく出来上がってしまうと、途方もない疲労感と食材や時間が勿体なく感じられ、もう作りたくなくなってしまいます。
こうして筋金入りのお料理嫌いが出来上がってしまうのですが、美味しく作れた体験を増やして行くと、だんだんお料理に対する抵抗が減っていきます。
できれば誰かに召し上がってもらって、「美味しいね」という言葉をもらうと、とっても嬉しいしモチベーションも上がって来ます。

そしてそれはマクロビオティックの陰陽で言うところの「陽性な氣の流れ」なので、その流れを日常化できるとグングン良い方向に行きます。
反対にまずいお料理を作ってしまった場合はどうでしょうか?
答えは簡単。「陰性な氣の流れ」になってしまいますね。

よく私たちは、疲れた時に「美味しいものでも食べに行こう!」と行動することがありますね。
そして、美味しいお料理に舌鼓を打って、食べ終わったころには気持ちが上向きになっている経験ってありませんか?
これは美味しいお料理が「陽性な氣の流れ」を運んで来てくれたからですね。

お料理は美味しいお店に食べに行く楽しみもありますが、「家」は外での疲れを癒やす場所でもありますので、家で美味しいお料理を食べられたら最高だと思いませんか?
家が陽性の氣に包まれて、そこにいる家族は自然と笑顔になって行くことでしょう。
そんな家であってほしい。そんな人になってほしい。
そんな想いでむそう塾を続けているのですが、現実にそういうご家庭が増えてとても嬉しい日々です。

今までだったら「外で食べるもの」と決めていたお料理が、家で外より美味しくできたとしたらどんなに嬉しいことでしょうか!
むそう塾ではそんなことが日常的に起きています。
「◯◯革命」「◯◯記念日」、そんなお料理が増えて、家族関係も良くなって、幸せ度が増して行く暮らし方って素敵ですよね。

下の写真は「煮物コース」でお教えした「鰊茄子」をアレンジした「鰊蕎麦」です。
このお蕎麦の汁は「上級幸せコース」でお教えした「うどん屋さんの出汁」で作られています。
そのお出汁の美味しさは、うどん屋さん以上であり、習った人はいつもそれを冷蔵庫にストックしておくことを欠かしません。
そして、色々使いまわしができるので、このお出汁があると忙しい人でもササッと美味しい一品を作れる魔法のようなお出汁です。
このお出汁のおかげで、お蕎麦もおうどんも「家のほうが美味しいから家で食べる」ようになった塾生さんの何と多いことか。




(鰊蕎麦 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

先日「家庭料理だからこそ美味しくあれ」という記事を書きましたが、こういう背景があって「家庭料理はぜひ美味しく作ってほしい」と思ったからです。

プロが教えるといっても、京料理人中川善博の場合は付加価値があります。
バリバリと仕事をしながら、男手一つで二人の子供を育てあげた経験から生まれた「主夫ならではの知恵や時間の使い方」が、伝えるお料理の随所に登場します。
言い換えれば、「最も主婦らしい料理人」ということになるでしょうか(^^)
それが「家庭料理だからまずくても仕方ない」という思い込みを払拭する原動力になっているのです。

残りの人生を家庭料理のレベルアップのために費やす決意をした、京料理人であり、素晴らしい父親(兼母親)である中川善博の世界は、ちょっと厳しく、ちょっとエロく(笑)、楽しい授業が展開しています。
これからむそう塾に来られる方にはぜひ安心して、これから上のコースに進まれる方にはもっと貪欲になって、喰らいついて来てほしいと思っています。

「むそう塾ができるまで」


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べ物あれこれ パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 のコメント:
    美風さん、こんにちは。
    鰊蕎麦があまりにも美味しそうで、思わずコメントしました。

    私は料理好きな母と、美食家の父の間に生まれ、子供の頃からおいしいものを食べさせてもらったと思います。

    そして、「 美味しいもんを食べてるとき、みんな、ほんまに幸せそうな顔しゃはるなぁ。。。 」と思い、
    母の手料理を、家族みんなで"まあるいちゃぶ台"を囲んで食べる食事の時間は、幸せな時間でした。

    母には、食べることは幸せ ♡ という家庭料理の素晴らしさを教えてもらったし、父は、珍しい食べ物を積極的に食べに連れて行ってくれて、味覚を鍛えてもらったと思います。

    しかし、成人して「一人暮らしを体験せよ!」と父に家から追い出され、いざ自炊してみると、時間がかかるのに、さっぱり美味しいものが出来ず、とほほほ‥と泣きたい気持ちになりました。
    仕事が忙しいこともあり、だんだん外食で済ませるようになってしまいました。

    そんな時にむそう塾に出会い、中川さんにお料理を習える幸運が訪れました。

    とびっきり美味しいのは勿論ですが、洗い物が物凄く少なくて済むプロの段取り法・切ることが洗練され速く切れるようになったこと・火と水が扱えるようになり、揚げ物や煮物の歯触りが素晴らしく良くなったこと等々、「速く出来るのに美味しい!」が手に入り、あんなに苦手だったお料理が楽しくなっていきました。
    今では毎日お弁当を作っていますし、外食より自分で作る方が美味しいので、殆ど自炊をしています。

    ずっ----と、「どうして家族みんな食に興味があり、お料理上手なのに、私だけ。。。」と、みにくいアヒルの子のような気持ちでいました。

    それがむそう塾でお料理を教えてもらってから、母をはじめ妹たちにも、「美味しい♡」と一目置かれるようになり、「作って、作って」と喜んでもらえるようになりました。

    『美味しくて、身体も健康になるお料理』って、世の中に殆どないと思います。
    その2つが同時にあるのが、むそう塾のすごいところだと思いますし、むそう塾に巡り会えて、ほんとうに幸運だなぁと日々感謝の気持ちでいっぱいです。

    ありがとうございます!!!
    • マクロ美風 のコメント:
      ふみよ丸ちゃん、おはようございます。

      美味しいものをいっぱい知っているあなたは、あとは再現するだけです。
      その再現方法として中川さんの技術が加わったのですから、鬼に金棒だと思います。
      そして、お母様たちが「作って!」とおっしゃるのもとてもうなずけます。

      中川さんのお料理方法は本当に洗い物が少ないですよね。
      あれは子育てや介護をされながら仕事をして、滅茶苦茶忙しいからこそ編み出された方法でもあるようです。
      そしてお料理も美味しくて健康に直結するものばかりですから、むそう塾に巡り合って本当に良かったですね。
      京都生まれの京都育ちのあなたには、中川さんの世界が一番ピッタリだと思いますので、これからも中川さんの世界を丸ごと受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です