「おしゃべり陰陽cafe 」」カテゴリーアーカイブ

「おしゃべり陰陽Cafe Vol.6」に参加して これからのマクロビオティックなどを考える

昨夜は「おしゃべり陰陽Cafe Vol.6」が開催されました。
4月5月が主催者側の都合によって休会になり、3か月ぶりの開催でした。
会場は東京の乃木坂。
今回のテーマは「果物」と「仕事」。

今回からは少し時間配分を変えて、「陰陽きほんのき講座」は省略して、いきなり本題を話し合う形になりました。
次回からは、もしマクロビオティックの初心者がいたら、30分ほど基本の話をしてから本題に入ることになりました。

昨夜は初めての参加者が2名いらして、そのお一人である某マクロビオティックスクールの元先生ともお会いすることが出来ました。
25年間勤めた中で出来なかったことも含めて、これからの人生で新しい伝え方をされたいとのこと。
もうお一人は、習った望診力を活かしてアドバイスをされているとのこと。

25日の「マクロビオティックわの会」も含めて、あちこちでマクロビオティックの新しいあり方を模索している人たちがいます。
いっそマクロビオティックの看板をおろそうかと悩んだ先生もおられるし、むそう塾のようにマクロビオティックの懐の深さを伝えようとしているところもあるし、一口でマクロビオティックといっても温度差がいっぱいあります。

そのどこに出会うかでマクロビオティックに対する認識がガラリと変わってしまうこともあり、それがなかなか問題なのでもあります。
二次会で高桑智雄氏とも話したのですが、陰陽を伝えている者たちだからこそ、陰陽でマクロビオティックの将来を考えたいなと思っています。

彼も話しておられましたが、そのために必要なのが「無双原理」なのです。
ここが一番大事なのですが、無双原理を知らない人が伝えているマクロビオティックもあって、複雑な気持ちになります。
マクロビオティックに関わる人は、私を含めてもっと勉強しないといけませんよね。
そんな思いを新たにした一日でした。

参考までに、過去5回のテーマを書いておきましょう。
Vol.1「根菜」と「戦争」
Vol.2「米」と「風邪」
Vol.3「冷え」と「恋愛」
Vol.4「甘味料」と「お金」
Vol.5「お茶」と「アレルギー」

「おしゃべり陰陽Cafe」のブログはこちら
後ほど今回の内容がアップされると思います。
Facebookでの記事はこちらからどうぞ。



(粟麩旨煮と三度豆の炊合せ  料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 「おしゃべり陰陽cafe 」 | コメントする

「おしゃべり陰陽Cafe Vol.5」に参加して

昨夜は満開の桜の中、「おしゃべり陰陽Cafe Vol.5」が開催されました。
どこも桜桜桜で、ピンクに染まった東京でした。
もう散り始めている木もあって、若葉のやさしい緑にも癒やされました。

会場は東京の乃木坂。
今回のテーマは「お茶」と「アレルギー」。
過去4回のテーマを書いておきましょう。
Vol.1「根菜」と「戦争」
Vol.2「米」と「風邪」
Vol.3「冷え」と「恋愛」
Vol.4「甘味料」と「お金」

信頼できる人たちと、マクロビオティックの基本についてお話をできるのはとてもありがたいことで、毎回参加するたびに学びがあります。
誰でも何でもそうですが、年月とともに自己流が入り込んで、自分に都合のよいように変換されがちです。
それは技術も考え方も同じですから、こうしてすり合わせができるのは、とても貴重な機会です。
いつも基本を大切にして、地道に続けることが次なるエネルギーにつながると信じています。

昨日は、マクロビオティックでは伝え方に差異のある「右まわり」「左まわり」についての高桑智雄氏の見解をお聞き出来て、とても安心しました。
というのは、私がこれまで考えてきて自分なりに納得していることと全く同じだったからです。
もちろん、「コリオリの力」の認識もすり合わせが出来てありがたかったです。
何年も考えてきたことに対する話を、こうして気軽に話せる場の存在は、真剣にマクロビオティックを考えている人にとっては、とてもありがたいと思います。

今回は新潟の鈴木さんご夫妻が途中から参加してくれました。
何年ぶりの再会でしょうか?
とてもお元気で若々しくて、素敵に暮らしていらっしゃるんだなと感じました。
泊りがけで新潟に何度もお邪魔して、囲炉裏を囲みながら陰陽を語り合った日も懐かしく想い出されます。

陰陽って、こうして語り合いながら、一つひとつ腑に落としていくのがいいですね。
決して資格で伝える世界ではありません。

「おしゃべり陰陽Cafe」のブログはこちら
後ほど今回の内容がアップされると思います。



(京都 鴨川の桜 撮影:中川善博 2018.4.28)

ずっと話に夢中になっていて、写真を1枚も撮っていませんでした。
京都の写真で恐縮ですが、桜の季節ということでお許しを。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 「おしゃべり陰陽cafe 」 | コメントする

「おしゃべり陰陽カフェ Vol.4」に参加して

昨夜は「おしゃべり陰陽カフェ Vol.4」が開催されました。
会場は東京の乃木坂。
今回のテーマは「甘味料」と「お金」。
過去3回のテーマを書いておきましょう。
Vol.1「根菜」と「戦争」
Vol.2「米」と「風邪」
Vol.3「冷え」と「恋愛」

【甘味料】
これはもう、時間がいくらあっても足りないテーマですね。
よく私がこのブログでも書いていますが、甘味料の種類をマクロビオティック甘味料に置き換えて白砂糖を摂らなければいいのだと思っている人が多いのですが、それは絶対間違っています。
マクロビオティックの甘味料であっても細胞を緩めることに変わりはないのです。
それより大事なことは、甘味料(陰性)の働きを知って上手に使いこなすことを伝えるべきです。

動物性でもそうですが、「体によくないから摂らない」ではなく、「摂ったらどうなるのか? 摂る場合はどういうことに気をつけたらいいのか?」と、「摂り方」を教えるのが最も現実的だと私は思っています。
そこのところが置き去りになって、「白砂糖は悪いから摂ってはいけない」と代替甘味料に走るのは違いますね。

しかし、かくいう私も白砂糖は一切使わず、マクロビオティックの甘味料を使ってお料理をしたり、甘いものを一切摂らない生活を何年も続けていたことがあります。
でも、家族の反応をみると考えさせられるんですよね。
たとえばおはぎ。
これを甘味料を一切使わず小豆のもつ甘味だけで作る「塩おはぎ」にすると、家族は「??」という顔になります。
もう、「おはぎは甘いもの」ということが小さいときから刷り込まれているので、甘くないおはぎが「食べて幸せ」に結びつかないわけです。

せっかく作ったお料理が家族の笑顔につながらないのは悲しいものです。
そして、それを強要される家族も可哀想です。
ましてや、どなたかに差し上げることも出来ず悶々とします。
それをやさしい甘さの味に仕上げると、「わあ!」といって大喜びされます。
そこには、おはぎに対する非日常感があるからですね。
そんな日常と非日常を使い分ける食べ方も含めて、甘味料との距離を考えるようになりました。

そんな経緯も経験して、私は甘味料に対する結論を出したのでした。
そしてむそう塾では、甘いものが食べたくなる状況と、食べた後の心身の変化を把握できれば、甘いものとのつき合い方が上手になりますよと教えています。
実際に甘いものの弊害と思われる症状が出ている人が多くいますので、そういう人に対する具体的対処も含めて、マクロビオティックの観点から陰陽バランスを取ることを理解してもらっています。
そんな話をしつつ、あっという間に時間は過ぎ、大急ぎで次のテーマに。

【お金】
まず、お金は陰性か、陽性か?
そこからスタートして、お金の歴史も考えます。
お米がお金の代わりになる時代や、ビットコインの時代まで陰陽で考えます。
私は師の教えである「お金は必要な時に必要なだけ入ってくる。それ以上でもなくそれ以下でもなく。」を胸に生きていますので、お金を循環させる生き方をしようと決めています。

お金に関連して、桜沢先生の生き方そのものを話してくれた大先輩は、「桜沢先生はgive  give  give」であったと。
give and take ではないんですよね。
ですから、住まいそのものにも執着することなく、世界各地が住まいになってしまうスケールの大きさがあったという話になりました。

【二次会】
いつものお蕎麦屋さんで6名。
ここでは田中愛子先生の話が出て、私たちは桜沢先生に会ったことがないけれど、愛子先生から桜沢先生のいう「真の自由人」を感じたという話で一致しました。
だからこそ、「真の自由人」を目指して生きようと思えるのですね。
「真の自由人」って素敵ですし、気持ちのよいものです。

*   *   *

雑感として。
昨日は何年ぶりかに“へるしー”さんにもお会い出来て、とても嬉しかったです。
一時は33kgまで落ちた体重も、今は47kgまで戻ったそうで、動物性のお料理にお箸が伸びていたので安心しました。
やはり陰陽バランスが取れないと偏ってしまいますからね。

今回は左回り右回りの話も深いところまで進みましたが、初心者の方にはどの程度のところで止めておくのかも参考になりました。
まずは混乱させないことが大事なのでね。
次回は3月28日(水)です。



(ぼたもち 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

会場での写真を撮り忘れたので、こちらの写真でごめんなさい。
先日むそう塾でお教えした“ぼたもち”ですが、ほんのりとした上品な甘さに仕上げてあります。


カテゴリー: 「おしゃべり陰陽cafe 」 | コメントする

おしゃべり陰陽カフェ Vol.3」に参加して

昨夜はおしゃべり陰陽カフェ Vol.3」「が開催されました。
今回のテーマは「冷え」と「恋愛」。
Vol.1は「根菜」と「戦争」、Vol.2は「米」と「風邪」というふうに毎回テーマを決めて話し合っています。
恋愛についてはマクロビオティックで考えると実に面白いので、皆さんがイキイキと話されていました。
むそう塾の授業でも、この話になると盛り上がります(^^)

今回はマクロビオティックの大先輩もご出席くださって、実に10年ぶりの再会となりました。
いや〜、本当に嬉しかったです。
83歳になられるその大先輩は、お顔色もよろしくツヤツヤとされていて、絶対その年齢には見えないお若さでした。
今も桜沢先生の一生のことを本にするため、原稿を執筆中なのだそうです。
こうしてマクロビオティックの大先輩がお元気でご活躍されているのを間近で拝見すると、私も頑張ろう!って思えます。

毎月こうして「無双原理の12の定理」を確認することは、私にとっては原点にかえる良い機会でもあります。
私が初めてマクロビオティックを知って感動した気持ち、そこから色々な先生に教えていただいて私の中で熟成してきたマクロビオティック。
それらのことが想い出され、私は今、どんどんマクロビオティックが好きになっています。
熟成しながら旨味が出てきたかもしれません(笑)


(マクロビオティックの説明をしている高桑智雄さん)


カテゴリー: 「おしゃべり陰陽cafe 」 | コメントする

「おしゃべり陰陽カフェ Vol.1」に参加して

昨日は東京で懐かしい人とお会いしていました。
私の第二の師匠である高桑智雄さん、オーガニックライフスタイル・ジャーナリストの吉度ちはるさんが主催する「おしゃべり陰陽カフェ Vol.1」に参加してきたのです。
高桑さんとは「マクロビ井戸端会議」の第1回目から、気軽に話しながらマクロビオティックの陰陽に気づいて行くことを目的に行動していましたので、私にとっては原点にかえる懐かしい時間でした。
吉度さんともお久しぶりで、2014年8月13日に内海聡先生のオフ会に一緒に参加してから3年ぶりでした。

高桑さんはこの集まりについて、事前にFacebookにこのように書かれていました。

コーヒーカップの中に宇宙がある。

そのくらい気軽に「陰陽」を語り合うイベントができたらと思っていたところに絶好のタイミングで、オーガニックライフスタイル・ジャーナリストの吉度ちはるさんに声をかけてもらい、あれよあれよと10月31日に「おしゃべり陰陽Cafe Vol.1」の開催が決定しました!

マクロビオティックの基本的な姿勢は特殊なものではなく、すべての対立物を陰陽で捉え、それを調和させることによって心の平穏を実現してきた私たち日本人が長らく身に付けてきた「和の原理」です。

だからあまり一人で考えあぐねるより、みんなでワイワイ話しているうちに自然とみんなが納得の行く道筋が見えてくることこそ陰陽の世界なのだと思います。

これからの世界は、必ずこの日本人の伝統的メンタリティーである「陰陽思考」が必ず必要になって来ます!

なので、陰陽でいろんな現象をみんなで考えて、ワクワクする場にしたいと思っています。

*   *   *

これはまさにかつて高桑さんが「マクロビ井戸端会議」を始めようとした時と同じことを言っているのです。
陰陽の考え方に話しながら気づく場として、名前を変えて「おしゃべり陰陽カフェ」がスタートしたことは、今のマクロビオティックに関するきちんとした情報を発する場としても意味があります。

昨日は、マクロビオティックというなら「無双原理の12の定理」をきちんと知ろうということで、まずは「定理3」から入りました。
【定理3】
陽は求心、圧縮性をもち、陰は遠心、拡散性を持つ。(その結果、自然に陽は音、重さ、熱、光と云う現象を生む。陰はその反対、静けさ、軽さ、寒冷、暗さを生む。)

今回のテーマは「根菜」と「戦争」について考えましたが、男性の視点は経済と結びつけて考えていることが多いので、面白かったです。
お坊さんもご夫婦で参加されていました。

また、根菜については、お料理をすれば簡単に陰陽がわかるのに、頭だけで考えているから答えが出ない人もおられました。
お料理からは実に学ぶべきことが多いので、マクロビオティックの考え方だけ知っても、お料理をしない人は勿体ないなぁと思いました。
陰陽のとらえ方が教科書の刷り込みどおりという人もいて、いかに実践で物事を見られていないかを感じました。

*   *   *

会が終わってから、5名で近くのお蕎麦屋さんに行ったのですが、ここでも無双原理や陰陽五行の話が飛び交って、実に楽しい時間でした。
何だか古巣に帰って来たようで、とても心が落ち着き、そして、私のマクロビオティックの原点に、時間を置いてからまた新しいことを注入できた感じがします。

別れ際に高桑さんから、「風さん、全然ブレていませんねぇ」と言われ、何だかホッとしました。
そうですよね、無双原理ってブレようがありませんものね。
むそう塾の「むそう」って、「無双原理」から頂戴したので、むそう塾を始めてから10年近く、ずっと無双原理を大事にして来てよかったと思いました。

私がずっと大切にしている「無双原理」ですが、お若い方には次の文章でイメージできるでしょうか?

この自然の法則、陰陽無双原理を体得して幸福な一生を送っているものは、野の草花であり、空の鳥であり、人間界にもいる。
正しく誠をもった成功者や幸せな人は、皆そうである。
一時的に、富を得、幸福そうに見えても、自然法則の体得者でなければ、いずれ浮雲のごとく消滅する。
<無双原理・易>(新編集版:サンマーク出版)214Pより抜粋




(へぎそば 東京へぎそばTAKUMI 六本木店


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
「2018年度(第10期)幸せコース」授業日程のご案内
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 「おしゃべり陰陽cafe 」 | コメントする